2018年05月06日

ただいま

東京に帰って来ました。

IMG_20180506_102924.jpg

四泊五日と、結構長い帰省のつもりだったけど、終わってみればあっという間。
見送りに出てくれた伯母は「もう帰るのね」と寂しそうにしていました。
どれだけいたからもういい、ということもないんですよね。

そして今回も、たくさん動き回ってくれたセシルに感謝です。
どうもありがとうわーい(嬉しい顔)
posted by 三井寿里 at 23:00| Comment(0) | 日々徒然

2018年05月05日

脱皮

実家で飼っているメダカの水槽に、ヤマトヌマエビを買って来て投入しました。
買って来たのは3匹だったはずなのに、何故か1匹多い……?
と思ったら、

IMG_20180505_190511_R.jpg

何と、脱皮したエビの抜け殻でした。

IMG_20180505_190456_R.jpg

こどもの日に一皮むけて大人になったエビです。
posted by 三井寿里 at 23:00| Comment(0) | 日々徒然

2018年05月04日

「東大寺と東北」展

多賀城の東北歴史博物館で開催中の「東大寺と東北」展を観て来ました。

IMG_20180504_112631_R.jpg

母は、この東北歴史博物館がお気に入りなのですが、私とセシルは初めて。
建物も展示も良いですね。
今までノーチェックだったのが、もったいないくらいexclamation×2
常設展も面白そうなので、そちらは次回またゆっくり観に来ることにします。

東日本大震災で、大きな被害を受けた多賀城市。
一方の東大寺も、度重なる戦禍で焼かれ、幾度も存亡の危機に瀕して来ました。
多賀城市と奈良市は、友好都市関係にあるとのことで、そこから今回の企画が生まれたそうです。

IMG_20180504_112802_R.jpg

大仏の手のレプリカ。
撮影スポットになっています。


IMG_20180504_113203_R.jpg

IMG_20180504_132351_R.jpg

初めて東大寺の外へ出た仏像を観覧できる、貴重な機会。
修学旅行でこれから奈良を訪れる学生はもちろん、旅行先に奈良を予定している方、これを見てから行くと、より深く広く楽しめると思いますよぴかぴか(新しい)

ちなみに、私たちは見そびれましたが、大仏様はVRで見られるそうです。
お時間のある方は、ぜひexclamation

「東大寺と東北」展
http://todaiji.exhn.jp/
posted by 三井寿里 at 23:00| Comment(0) | レポート

2018年05月03日

仙台空港

母と伯母と一緒に、仙台空港へ遊びに行って来ました。
IMG_20180503_180458_R.jpg

仙台空港へ行くのは、子供の頃以来。
立派になりましたねわーい(嬉しい顔)

IMG_20180503_172250_R.jpg

フライトシミュレーターや訓練用の操縦席などもあって、楽しいるんるん
(「フライトシミュレーター」のぞんざいな文字はどうかと思うけどたらーっ(汗)

IMG_20180503_172332_R.jpg

生憎の雨で、展望テラスに長居出来なかったのが心残りです…。

IMG_20180503_173155_R.jpg



IMG_20180503_175933_R.jpg
震災時の被害についてのパネル展示もありました。

ターミナルが成田や羽田のように大きくないので、高齢者の利用に便利ですね。
母たちとの次の旅行は、仙台空港を利用することにしました手(チョキ)

あー飛行機乗りたいexclamation
posted by 三井寿里 at 23:00| Comment(0) | お散歩

2018年05月02日

今日から帰省

夕方、セシルと待ち合わせて車で仙台へ向かいました。
今夜から6日まで、私の実家へ帰省します。

IMG_20180502_214504_R.jpg

画像は、高速道路のお手洗いで見つけた燕の巣。親鳥の頭が見えます。
可愛いるんるん
posted by 三井寿里 at 23:50| Comment(0) | 日々徒然

2018年04月30日

猫のニャッホ

YouTubeで紹介されていたゲームアプリ「猫のニャッホ〜ニャ・ミゼラブル」にはまっています。
Screenshot_20180430-225705.jpg
と言っても、登場猫物が可愛いから、ではありません。
最初こそ、「ご主人様が死んだことを受け入れられず、いつかご主人様が帰って来る日のために、お部屋を綺麗にして待っている」いじらしい猫キャラかと思ったのですが、実際は「ご主人様を待ち続ける残念なおっさん猫」でした。

何がどう残念でおっさんかは、ゲームをやってみてのお楽しみと言うことで…それはともかく、はまったのは、単純にパズルの楽しさです。
テトリス型のパズルゲームって、すたれないですよね。

お部屋が早く綺麗になるように、頑張ってパズルをクリアします手(グー)
posted by 三井寿里 at 23:50| Comment(0) | 日々徒然

2018年04月28日

セイコーミュージアム

セシルも私も、腕時計が大好き。
海外メーカーから国産まで、並べてみてはホクホクしていますぴかぴか(新しい)

そんな二人が、本日は東向島のセイコーミュージアムを訪ねました。

IMG_20180428_160437_R.jpg
壁の時計がひときわ目を引きますね。

見学は予約制で、希望日の前日午前中までに申し込みが必要です。
基本的にガイド付きで、説明員によるアテンドかiPad使用かを予約時に選択します。
我々は説明員の方をお願いしました。
(説明員の方の都合がつかず、iPadになることもあるそうです)

館内は1階と2階に分かれていて、主に1階は時計の成り立ちと進化、クオーツ時計の仕組みなど。2階はセイコーの歴史と和時計のコレクションが展示されています。

IMG_20180428_151806_R.jpg
こちらは1階に展示されていた、1500年頃の鉄枠塔時計。イギリス製で、世界最古のものと同じ機構を持っているそうです。

IMG_20180428_151922_R.jpg
貴族が使っていた懐中時計のコレクション。
時を知る目的ではなく、ステイタスのために人前で取り出していたのだとか。
止まっていても気にしないw

IMG_20180428_152038_R.jpg
こちらはヨーロッパの置時計や掛け時計のコレクション。
一番左は、からくりが見えないのに何故か動く「不思議時計」(ミステリークロック)です。

2階に上がって、創業者の服部金太郎氏について説明をして頂きました。
真面目で勤勉な人で、とても仕事熱心だったようですが、関東大震災で工場も店も焼けてしまった時には落胆し、「もうやめる」とまで言い出したそう。
でも翌日には「やはりお客様に迷惑はかけられない」と働き始めるのですが。
1500個の修理預かりの時計がその時に焼けてしまったそうで、その残骸が展示されていました。

IMG_20180428_152322_R.jpg

ちなみに、この1500個は、きちんと新品のものをお返ししたそうです。
これがまさに、「セイコーの信頼」に繋がったわけです。

IMG_20180428_152350_R.jpg
こちらは貴重な和時計コレクション。

IMG_20180428_152603_R.jpg
徳川斉昭が使っていた印籠型の時計。目覚まし機能もあります。

IMG_20180428_152540_R.jpg
こちらは一般庶民が持っていた、旅行用キット。
尺時計の中に、毛筆、磁石、ものさし、はさみ、耳かき(と毛抜き)、爪やすり、折りたたみナイフが内蔵されるようになっています。便利exclamation

IMG_20180428_153014_R.jpg
天皇陛下から成績優秀な学生に与えられた恩賜時計もセイコー製。

IMG_20180428_153123_R.jpg
ダイバーズウォッチコレクション。
深さ1000メートルでの使用に耐えるダイバーズはセイコーが世界初だそうです。

IMG_20180428_155158_R.jpg
最後はまた1階に降りて、オリンピックを支える技術の紹介。
かつては1レーンにつき3人の審判がストップウォッチを構えて担当していたそうですから、スポーツ計時技術の進歩は目覚ましいですねexclamation×2

たっぷり1時間以上かけて、色々お話を聞かせて頂きました。
多分iPadも楽しいと思うのですが、時計が好きな方なら、きっと説明員さんをお願いした方がより面白く回れると思いますよexclamation

セイコーミュージアム、お勧めですわーい(嬉しい顔)

セイコーミュージアムHP
https://museum.seiko.co.jp/






posted by 三井寿里 at 23:15| Comment(0) | レポート

2018年04月27日

たばこと塩の博物館

JTが運営する企業ミュージアム「たばこと塩の博物館」に行って参りました。

IMG_20180427_113437_R.jpg

目的は、特別展「モボ・モガが見たトーキョー」。

IMG_20180427_113416_R.jpg

大正〜昭和初期、戦中、戦後の日本の生活、文化を、日用品を通して知ろう、という企画です。
同じ墨田区にある企業のミュージアム(花王、セイコー、東武鉄道、日本郵政)の協力もあって、充実した品ぞろえ(笑)内容の濃い展覧会でした。

興味深かったのは、女性の仕事に関するコーナー。
タイピストやエレベーターガールが当時の花形の職業だったのは知っていましたが、工場法の施行(1916年/大正5年)もあって、従来の工場の労働環境も女性が働きやすいよう改善されたのだとか。
もちろん全てではないでしょうが、託児所が併設されていたり、研修所に当たる教場が設けられていたり、休憩用の運動場があったりして、ちょっと意外でした。

特別展の後、せっかくなので常設展も見学しました。
こちらには、名前のとおり「塩の博物館」と「タバコの博物館」が入っています。
まずは特別展と同じ2Fにある「塩の博物館」から。

IMG_20180427_123926_R.jpg

IMG_20180427_124153_R.jpg

いきなり「塩」!

展示は非常に力が入っていて、見ごたえがあります。
例えば、こちらは「世界の塩資源」のコーナー。
ウユニ塩湖から運んで来た塩ですexclamation×2
IMG_20180427_124347_R.jpg

そしてこちらは岩塩を彫って作られた「聖キンガ像」。
IMG_20180427_124501_R.jpg

「日本の塩づくり」コーナーには作業場が原寸大で再現されていたり…
IMG_20180427_124920_R.jpg

こちらは塩の結晶で出来た「カティサーク号」ですね。
IMG_20180427_125253_R.jpg

塩について学んだ後は、3Fの「タバコの博物館」へ。

IMG_20180427_125611_R.jpg

いきなり神殿がお出迎え。
ここには「たばこを吸う神」のレリーフが展示されています。
IMG_20180427_125633_R.jpg

IMG_20180427_130038_R.jpg
タバコはアメリカ大陸から世界中に広がって、それぞれの地域に合った形で定着したそうです。

「江戸時代のタバコ文化」の展示。
IMG_20180427_130212_R.jpg

IMG_20180427_130549_R.jpg

展示の前にタッチパネルがあって、詳しく知りたい箇所があれば説明が読めるようになっていました。親切。

IMG_20180427_130633_R.jpg

世界のパイプや煙管のコーナーは数があり過ぎて凄い迫力です。

IMG_20180427_131311_R.jpg

この辺りは、まだ「凝ってるなー」くらいですが、彫り物が精密すぎて、もはや使うのが躊躇われるようなものも…。

IMG_20180427_131553_R.jpg
これは綺麗なガラスのパイプ。

IMG_20180427_131835_R.jpg

世界中のタバコのパッケージも見られます。

タバコを吸わない人でも、歴史や民俗学が好きなら堪らない展示だと思います。
土日も開いているので(月曜休館)お休みの日に、ぜひ手(チョキ)ぴかぴか(新しい)

IMG_20180427_132832_R.jpg

もちろん、喫煙室もありますよーわーい(嬉しい顔)

たばこと塩の博物館HP
https://www.jti.co.jp/Culture/museum/index.html
posted by 三井寿里 at 23:58| Comment(0) | レポート

2018年04月26日

FBやめた

Facebookをやめました。
アカウントを削除するかどうかは決めていませんが、とりあえず更新はしないことに。

理由は、Facebookとメッセンジャー両方で、怖いことがあったから。
やはり、本名とか顔とか晒すのは怖いですね。

仕事のSNSは、リアルに名刺交換した人だけを対象に、エイトでぽつぽつとやって行こうと思います。
Twitterやインスタで繋がっている皆さまは、これからもよろしくお願いします。
posted by 三井寿里 at 20:51| Comment(0) | 日々徒然

2018年04月25日

タカセのケーキ

仕事帰りにケーキが食べたくなって、数年ぶりにタカセの別館(コーヒーサロン)に寄りました。

IMG_20180425_184815.jpg
コアントローモカのケーキ。
今どきの華やかなケーキではなく、ずば抜けて美味しいというわけでもない(すみません!)んだけど、口にすると何故かほっこりします。

甘い物で復活したので、今週も後半戦、頑張れる手(グー)

posted by 三井寿里 at 23:50| Comment(0) | 日々徒然