2018年07月01日

台湾旅行2018(4日目)

楽しい台湾旅行も今日が最終日。
夜の便で帰るので、時間には結構余裕があります。
ゆっくり朝食を取ってから、まずは隣駅の「佳徳糕餅」にパイナップルケーキを買いにお出かけ。
一口にパイナップルケーキと言っても、餡のパイナップルと冬瓜の配合から、バターの使い方、歯ざわりまで、お店によって実にさまざま。
好みの味を探すのも楽しいですよね。

美味しいパイナップルケーキをたくさん買い込んで、一度ホテルに戻ってチェックアウト。
荷物をベルデスクに預けて、お茶を買いに出かけました。

IMG_20180701_130112_R.jpg
今回どうしても買いたかったお茶は、「阿華師(アカシ)」というお店のもの。
台北では新光三越に入っていると聞いて、まず中山店に行ったのですが、ここでは見つからず。
次に向かった台北駅前店で漸く見つけましたexclamation×2
歩き回って喉カラッカラだったところに、「試飲どうぞ〜」と薦めて頂いたお茶がめちゃめちゃ美味しくて、「あれも!これも!あっちも!」と山のように購入してしまいましたわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
お値段はそこそこしますが、お茶を買うなら絶対お勧めですよ〜exclamation×2

阿華師HP
http://www.awastea.com/shop/

そろそろランチタイム……ですが、朝ご飯をしっかり食べたせいであまりお腹が空いていません。
軽く食べられるものを〜と探して、辿り着いたのが、台北駅ビル「微風台北車站」のフードコートフロア。
ここはテーマ別に4つのフードコート(とその他レストラン群)が集まったちょっと楽しいスポットです。
私たちが入ったのは、「牛肉麺競技館」。

IMG_20180701_141122_R.jpg
台湾名物「牛肉麺」専門のフードコートで、4つの専門店が入っています。
ラーメンスタジアムの牛肉麺バージョン、という感じですね。

二人で別々のお店の牛肉麺を頂きまして、私が選んだのが、こちら。

IMG_20180701_143320_R.jpg
競技館唯一の女性料理人、「北芳園」菫青春氏の牛肉麺。

IMG_20180701_140956_R.jpg
厳選された和牛を使用して作られたという牛肉麺のスープは繊細でコクがあり、飲み干したくなる味わいです。
麺との相性もよく、セシル vs 私の対決は、私に軍配が上がりましたぴかぴか(新しい)
実は、「北芳園」を選んだのは、菫青春シェフの写真に目が吸い寄せられたから……だったんですけどかわいい
非常に美味しい牛肉麺でしたexclamation×2
次に台北に来た時は、「北芳園」本店にお邪魔してみたいと思います。

早めにホテルに戻って、全員合流して、空港へ。
夜10時10分、羽田に到着しました。

実際は、ここに書かなかったトラブルも結構あったのですが、とにかく皆さん無事で、そしてそれぞれに楽しい思い出が出来たようで何よりでしたわーい(嬉しい顔)
(今回、全員に配布した旅のしおりは、私とセシルが合作で作ったのです……頑張った手(グー)

次は台南を中心に滞在したいな〜。
台中にも行ってみたいし、また近いうちに台湾に行くのではないかと思います。
ひとまず、これにてexclamation
posted by 三井寿里 at 23:59| Comment(0) | 旅行記

2018年06月30日

台湾旅行2018(3日目)

本日は台北市内をお散歩&お土産購入デーです。

まずは台北市植物園をぶらぶら。
IMG_20180630_115805_R.jpg

IMG_20180630_115851_R.jpg

IMG_20180630_115858_R.jpg

IMG_20180630_122647_R.jpg
植生としては、やはり沖縄に似ていますね。
いかにも南国らしく巨大な樹木が多くて圧倒されます。

IMG_20180630_120551_R.jpg

IMG_20180630_121743_R.jpg
台湾リスさんも見ました。
日本リスより大きくてもふっぽい黒ハート

IMG_20180630_120914_R.jpg
温室は残念ながら閉まっていました。
たまたまだったのかな?それともいつも閉まってるの?

IMG_20180630_125645_R.jpg

IMG_20180630_125809_R.jpg
蓮の池も綺麗でした。ちょうど見ごろの季節だったようです。

園内のギャラリーでは、台湾の植物研究に貢献した、日本人研究者の仕事について紹介されていました。
IMG_20180630_123342_R.jpg

IMG_20180630_123536_R.jpg
実際に使われていた採集用具から、作業着、デスク回りまで展示。
同じ会場では、今現在行われている現地調査の方法がビデオ上映されていて、興味深いものがありました。

何と、植物園内で、台湾の「国産材利用促進イベント」に遭遇たらーっ(汗)
いつも仕事で関わっている分野の、台湾版です。

IMG_20180630_131244_R.jpg
台湾でも、成熟期を迎えた人工林が手つかずのまま荒廃してしまっているケースが多く、何とかして国産材を使ってもらおう、山林に手を入れよう、と苦心しているようです。

IMG_20180630_131318_R.jpg

IMG_20180630_131343_R.jpg

IMG_20180630_131506_R.jpg

IMG_20180630_131533_R.jpg
いずこも悩みは同じ、というところでしょうか。
ちなみに、沖縄の首里城の復元には、台湾ヒノキが大量に使われています。
日本国内のヒノキだけではとても足りないこと、台湾の方が地理的に近く、輸送が容易だったこともあるでしょうね。

植物園を後にして、そろそろお昼。
地下鉄で中正紀念堂駅まで移動して、魯肉飯の人気店「金峰魯肉飯」に入りました。
いかにも街の食堂!という風情のお店の前には、ピークをずらしたにも関わらず、20人ほどの行列が。
ようやく入って、がたつく丸椅子やテーブルで地元のお客さんたちと相席で頂いたのがこちら。
IMG_20180630_135019_R.jpg
魯肉飯と、幅広麺入りのスープ。

IMG_20180630_135122_R.jpg
確かに美味しい。行列をしてでも食べたくなる味だと思います。
お店がそんなに綺麗でなくてもイイヨーという方なら、ぜひ。
ちなみに、私たちの席は半屋外で、雨除けのひさしの下だったのですが、ここでスコールに遭いまして……30分ほど雨の飛沫を背中に受けながらスコールが収まるのを待つ羽目になりましたw
屋内席ならそういう心配もなくて良いと思いますけど、案内された席に座るしかないので、あとは運ですねわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

ご飯を食べたらやっぱりデザートが欲しくなる。
また地下鉄に乗って、若者の街、西門町へ移動しました。

IMG_20180630_153236_R.jpg

前回来た時は、紅楼の周辺を歩いて、「台湾の原宿、秋葉原」といった印象を受けましたが、今回歩いた辺りは、上野ABAB付近の雰囲気。アメ横のように細い路地にテントを出したお店が密集していて、食べ物屋さんもスイーツ類が多く、修学旅行らしき10代の子たちもちょこちょこ見かけました。

私たちのお目当ては、マンゴーかき氷のお店、「マンゴーチャチャ」。
日本でも情報番組で紹介されたみたいですね。

IMG_20180630_145259_R.jpg
マンゴーシェイクに、生マンゴーに、マンゴーかき氷。
かき氷は氷に牛乳を使っているので、溶けても薄まらず、濃厚です。

IMG_20180630_145649_R.jpg

IMG_20180630_145615_R.jpg
お好みで、と塩が添えられています。
スイカに塩を振って食べるのと同じ感覚かな?
確かに甘味が増して美味しい黒ハート
ご馳走様でしたexclamation

午後は、うちのママンからのミッション「からすみを購入せよ!」を遂行。
以前は迪化街の「永久號」が定番でしたが、今回はネットで評判が良かった西門町の「伍宗行」で購入しました。

IMG_20180630_153854.jpg
こちらは食品会社が出している店舗で、からすみだけでなく、きくらげや海苔、ナッツなどの乾物類、パイナップルケーキ等お菓子まで扱っています。
からすみは肉厚で良質。まだ食べていないので味は判りませんが、ネットの評判は間違いなかったみたいです。
無事、ミッションクリアしましたぴかぴか(新しい)

ホテルに戻ってひと休みしてから、台湾最後の晩餐に出かけました。
目当てのお店が混み過ぎていて入れず、どうしようかなあと調べていたら、セシルが良さげなお店を見つけました。
四川料理の「樺慶四川菜餐庁」。
実は私、一番好きな中華料理のジャンルは?と訊かれたら、迷わず「四川」と答える四川料理好きです。

IMG_20180630_195548_R.jpg
こちらのお店は、ゲストの半分は日本人、という日本人御用達の四川料理店だそうで、私たちが入った時も、半分どころか3分の2は日本人でした(笑)

IMG_20180630_200500_R.jpg
夫婦そろって大好きなメニュー「いんげんの炒め」。
このお店のも味わいがあって美味しかった黒ハート

IMG_20180630_200725_R.jpg
チャーハンは四川料理というよりあっさりして食べやすく、日本人好みの味。

IMG_20180630_200828_R.jpg
定番の麻婆豆腐はしっかり山椒が効いていました。
ビリビリ痺れて舌がマヒしたり、苦味を感じるほどではなく、ちゃんと味が判る適度な山椒。
台湾ビールも頂いて、ほろ酔いでホテルに帰りました。

IMG_20180630_214038_R.jpg
帰りに地下鉄の中で見つけたマナーポスター。
このキャラ……しま●らくん……?

posted by 三井寿里 at 23:11| Comment(0) | 旅行記

2018年06月29日

台湾旅行2018(2日目)

2日目の今日は、朝から新幹線で台南日帰り旅行です。

_20180629_103320_R.jpg

IMG_20180629_104451_R.jpg

台湾新幹線の車両は、今のJR東海道新幹線の前の前のタイプを使用しています。
車内アナウンスを聞かなければ、何から何まで日本と同じexclamation
ここどこだっけ?になります。

IMG_20180629_120246_R.jpg
車窓からの風景は、夏の台湾です。

台北から約1時間50分で台南到着。
台南は、在来線の駅と新幹線の駅が離れています。
当然のことながら新幹線の方が後から出来たので、ちょっと郊外。
駅舎は新しくて、とっても綺麗でした。

IMG_20180629_123923_R.jpg
こちらは2階の、新幹線コンコース。

IMG_20180629_123910_R.jpg
ちなみに、新幹線の改札の隣には、ロイホがありました。
1階にはモスバーガーやセブンイレブンもあって、またも「ここはどこだ?」に。

さて、台南新幹線の駅からタクシーで向かったのは、台南最古の街、安平(あんぴん)です。
台南は台湾で一番最初に栄えたエリアなので、その中でも最古ということは、台湾全土で最も古い街、ということになりますね。

IMG_20180629_132054_R.jpg
ここが、安平古堡(あんぴんこほう)。
元はオランダの城で、オレンジ城、ゼーランディア城と呼ばれていました。
台湾の英雄、鄭成功によってオランダが撤退して鄭氏三代の居城「安平城」となり、城としての役割がなくなった後は、城址「安平古堡」として保存されています。

IMG_20180629_132524_R.jpg
銅像の人が鄭成功さん。
何と、福建人のお父さん(朱印船貿易で長崎に居住)と日本人のお母さんの間に生まれた子で、幼名は「福松」。
平戸の千里ケ浜には、お母さんが外で産気づいてしまい、家に帰る間もなく鄭成功を生んだというお話にちなんだ、誕生石があるらしいです。

IMG_20180629_132735_R.jpg

IMG_20180629_132853_R.jpg
戦争で失われた部分も多く、安平城がそのまま安平古堡になったわけではありません。
残った部分はミュージアムとして公開されています。

とんがり屋根の塔は、展望台として公開。

IMG_20180629_133238_R.jpg
一番上まで上がったら、恋人岬状態になってました。

IMG_20180629_133341_R.jpg
塔からの眺め。

IMG_20180629_141723_R.jpg
ちなみに、こちらは私が一時期めっちゃはまっていたゲーム「御城プロジェクト」の城娘「安平古堡」ちゃん。
大砲が武器の可愛い子です。

IMG_20180629_134109_R.jpg
もちろん砲台も残ってますよ。

ここで台南豆知識。
私たちが現在、「台湾料理」として目にするものの多くが、実は台南発祥のお料理です。
豆花もその一つ。
安平古堡近くの人気店「同記安平豆花」で、名物の豆花を頂きました。

IMG_20180629_140948_R.jpg
豆腐部分はオーソドックスな白と、竹炭入りの黒があり、それにお好みで三種類までトッピング、さらにシロップも選べます。
私は白、セシルは黒。
豆花もシロップも、トッピングの餡も、どれも美味しかった黒ハート
暑くてバテバテでしたが、これで元気になりましたexclamation

さて、元気を取り戻したところで、次の観光スポットへ向かいます。
安平の街は小さいので、てくてくどこでも徒歩で行けちゃいます。
ただとにかく日差しが強くて暑いので、高齢者や小さいお子さんを連れている方はご注意を。
レンタルバイクで回っている外国人観光客もいました。

同記安平豆花から歩くこと10分ほどで、目的地に到着。
「安平樹屋」。
ミシュランの「グリーンガイド」で二つ星に輝いた観光スポットです。

IMG_20180629_143303_R.jpg

ここは元々、イギリスが1867年に設立した「徳記洋行」という貿易会社の倉庫。
イギリスが撤退したのち、空き家になった倉庫は一本のガジュマルの木によって70年間侵食され続け、飲み込まれて来ました。

IMG_20180629_143516_R.jpg

IMG_20180629_143706_R.jpg

IMG_20180629_144531_R.jpg

屋根の上からも見られます。

IMG_20180629_144018_R.jpg

IMG_20180629_143924_R.jpg

最近は、演奏会などにも使われているそうですが、以前は蝋人形館だったとか……ちょっと怖いw

併設のショップで、面白い光景を発見。
IMG_20180629_145143_R.jpg

IMG_20180629_145049_R.jpg
今もなお、ガジュマルに侵食されつつあるのが判りますね。

お隣の徳記洋行は、オランダ統治時代から近・現代までの安平を中心とした台湾の歩みが見られるミュージアムになっています。

IMG_20180629_145735_R.jpg

こちらもななかなか面白いので、樹屋を見に来た時は、ぜひ。

お腹もだいぶ空きました。
ランチは、これまた台南名物、エビ巻きを食べに行きました。

IMG_20180629_162450_559_R.jpg
人気店「周氏蝦捲」の坦仔麺と虱目魚(サバヒー)のすり身のスープ。
どれもこれも美味しい……のですが、何と私、肝心のエビ巻きを撮る前に食べてしまいましたexclamation×2
何てことたらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

こちらのエビ巻きは、ぷりぷりとエビと豚ひき肉、セロリなどを合わせた具を網脂で巻いて揚げたもの。
ほんとに美味しいので、台南に来たらぜひ食べて欲しい逸品ですぴかぴか(新しい)
それにしても写真……セシルが撮っているはずなので、後でデータもらって、上げます。

ランチを食べ終えたら、安平にお別れ。
タクシーで台南の中心部に向かいました。

まずは、若い女性に人気のお洒落スポット「正興街」。

IMG_20180629_175021_R.jpg

ここは、可愛い雑貨屋さんやお洋服屋さん、美味しいレストランやカフェが並ぶこぢんまりとしたエリア。
建物はリノベーションされて、懐かしくて居心地の良い空間に仕上がっています。

IMG_20180629_174848_R.jpg
その中の一軒、正興珈琲館でひと休みしました。

IMG_20180629_171326_R.jpg

IMG_20180629_164904_R.jpg
丁寧に淹れられたコーヒーと、新鮮なマンゴーを使った美味しいレアチーズケーキを頂きましたかわいい
居心地もとっても良くて、すっかりお気に入りです。

IMG_20180629_163129_R.jpg

正興街は、各店の店主を猫キャラにしてPR。
あちこちでポスターや立て看板を見かけました。

IMG_20180629_175048_R.jpg

IMG_20180629_175116_R.jpg
めちゃめちゃ可愛い黒ハート

IMG_20180629_163251_R.jpg

IMG_20180629_180202_R.jpg
狭い路地を入っていくと、お洒落なショコラティエがあったりします。

IMG_20180629_175203_R.jpg
アートな壁。
店主が猫だからか(?)こちらは犬でした。

そろそろ夕暮れ時。
今日最後の観光スポットは、こちらです。

IMG_20180629_181934_R.jpg
ハヤシ百貨店。
これは日本統治時代に日本人実業家、林方一氏によって昭和7年に創設、開業された百貨店です。
1945年の終戦と共に閉業したので、百貨店として営業していたのは、たった13年間。
終戦後は中国側に接収され、1980年からは空きビルになっていましたが、綺麗に改修、復元され、2013年に再びオープンしました。
といっても、百貨店としては延床面積も小さく、今は台南を中心とした台湾の名産品や、台湾のデザイナー、ブランドの品を展示、販売する、文化施設になっています。

IMG_20180629_182339_R.jpg
もちろんエレベーターもこんな感じ。

IMG_20180629_191744_R.jpg
一階のお土産物(食品)売り場です。
レトロな造りで、大正〜昭和初期が大好きな私には夢のよう黒ハート

IMG_20180629_185247_R.jpg
階段室。ガラス窓と柱時計がお気に入り。

屋上には、神社と林百貨店オリジナルグッズのショップがあります。
あちこちに生々しい空襲の跡がありました。
IMG_20180629_184809_R.jpg
こちらの神社は、営業当時は社員しか入れなかったそう。
鳥居も空襲で壊されていますが、そのまま残されています。
それもまた歴史、ということでしょうか。

IMG_20180629_184945_R.jpg

IMG_20180629_192059_R.jpg
いつまでも眺めていたい百貨店でしたが、今夜じゅうに台北に戻らなければならないので、泣く泣くお別れしました。
また来るよexclamation

ていうか、この百貨店使ってモボモガコスプレ撮影会やったら、凄い人が集まるのではなかろうか。

夕食は、台南名物、坦仔麺の老舗「度小月」原始店に行ってみました。

IMG_20180629_194121_R.jpg
麺物は店頭で作っています。

IMG_20180629_193332_R.jpg
来た〜!

IMG_20180629_193409_R.jpg
蓋を開けると、香りのよい坦仔麺がグッド(上向き矢印)
お昼に食べた坦仔麺も美味しかったですが、こちらはもう度外れて美味しくて、思わずお替りしちゃいましたexclamation

IMG_20180629_193948_R.jpg
こちらでもエビ巻きを。これも美味しい。

IMG_20180629_195851_R.jpg
これはベビー牡蠣のから揚げ。幸せになれる味…黒ハート

注文した物、すべて美味しくて満足、満足。ご馳走様でしたexclamation

IMG_20180629_201040_R.jpg
今回、見学する時間がなかった台南市知事官邸。
次は絶対見るのだ。

新幹線の駅まで、タクシーの運転手さんがぶっ飛ばしてくれたお陰で(!)一本早い新幹線に乗れました。

IMG_20180629_204522_R.jpg

次はせめて1泊はしたいなあ…というか、台北は1泊で、台南に2、3泊がいいな。

IMG_20180629_222506_R.jpg
ところで、台湾では、府中の隣が板橋です。
懐かしい地名がところどころにあって楽しいるんるん




posted by 三井寿里 at 23:56| Comment(0) | 旅行記

2018年06月28日

台湾旅行2018(1日目)

本日よりセシルの会社の社員旅行に同行して、3泊4日で台湾です飛行機

何と今回は朝7時10分羽田発の飛行機で出発するということで、5時10分羽田空港集合ふらふら
朝4時に家を出ましたよexclamation
さすがにこんな旅程は初めてですたらーっ(汗)

IMG_20180628_091304_213_R.jpg

しかし早朝に出発するということは、それだけ午前の早い時間に到着して、一日目から動き出せるということ。
10時に台北松山空港に到着。
更に空港からホテルへはタクシーで15分だから、早い早いぴかぴか(新しい)
ホテルに荷物を預けて解散。
夕食まで自由行動となりました。

セシルと私は、台北駅隣接のファッションビル「Qsquare」へ直行。
11時開店なのでまだオープンしておらず、東京でもめったにやらない「開店待ち」をやってしまいましたわーい(嬉しい顔)
起きるのは辛かったけど、早朝便いいよexclamation

ここでのお目当ては、私の大好きなブランド「SISLEY」でお洋服を買うことexclamation×2
東京から撤退してしまったSISLEYが、台北にはあるのですよ黒ハート黒ハート黒ハート

IMG_20180628_120515_R.jpg

しかも隣には姉妹ブランドのベネトンもあって、もう狂ったようにお買い物しましたぴかぴか(新しい)

IMG_20180628_123121_075_R.jpg

満足満足ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

お買い物の後は、Qsquare地下のフードコートで軽くランチを済ませて、久しぶりの台北市内をお散歩しました。

IMG_20180628_151114_R.jpg
お洒落な店が多いという赤峰街もぶらぶら。
自由が丘や代官山にありそうなセンスの良いショップもありましたが、そういうのがずら〜り、というわけではありません。
昔ながらの風情が残る(いわゆる昭和的な)路地のところどころに、新しいお店がぽつぽつある感じ。
もっとあちこち歩きたかったのですが、とにかく日差しが強くて暑くて、早めにホテルに戻ってチェックインしました。

IMG_20180628_183712_R.jpg

夜は社員全員集まって、永康街の「鼎泰豊」本店で夕食会でした。

IMG_20180628_184319_R.jpg

さすがに本店のお料理は、小籠包だけでなくどれも美味しかったですよ〜レストラン

IMG_20180628_191750_R.jpg
夕食後は、またセシルと二人、永康街をお散歩。
7年も来ていないと、街並みも結構変わっていました。
前回、母と伯母がお買い物したお店「繍花房」がなくなっていて、がっくり…ふらふら
あのお店、可愛くて好きだったんだけどなあ…。

IMG_20180628_114112_R.jpg
そういえば、台北市地下鉄のICカード「悠遊カード(easy card)」。
7年も使っていなかったから、もう残っていた金額は無効になってるかな〜と思ったら、使えましたexclamation
台北市地下鉄は、悠遊カードを使うと乗車料金が割引になるので、一回ごとに乗車券(トークン)を買うよりカードを作ってしまった方が便利です手(チョキ)
posted by 三井寿里 at 23:59| Comment(0) | 旅行記

2018年02月13日

バンコク旅行2018(7日目)

とうとう帰国日がやって来てしまいました。

IMG_20180213_055512_R.jpg

夜明け前、糸のような三日月を見ながら起き出して、チェックアウト。
まだシェフも来ていないラウンジで、女性スタッフにオムレツを焼いてもらって朝ご飯を頂きました。
IMG_20180213_063948_R.jpg
正直、朝食会場だったレストランのオムレツ台のシェフより上手w
滞在中、この女性はいつ休んでいるんだろう?と心配になるほど、朝から夜遅くまでいつもクラブラウンジでてきぱき仕事していました。
「有能な人は何でも出来る」という見本みたいな人ですexclamation

IMG_20180213_070611_R.jpg
バンコクの夜明け。

タクシーでドンムアン空港へ向かい、出国。
飛行機は来た時と同じく、エアアジアです。

IMG_20180213_102020_R.jpg

さようならバンコク、また来る日まで〜手(パー)

IMG_20180213_111627_R.jpg

見た目はアレでも味は良い機内食わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

IMG_20180213_111750_R.jpg

食後はフルフラットシートを倒して、爆睡して帰って来ました。
機内食はスナック程度と割り切るなら、エアアジアのビジネスクラスは非常にコストパフォーマンスが良いと思います。
ただし、エンターテイメントシステムは一切ありませんので、各自フライト中の娯楽道具を忘れずに。

夕方、成田に到着。
前泊したホテルに車を取りに行って、途中食事しつつ帰宅しました。

IMG_20180213_212858_983_R.jpg
「味の民芸」で食べた肉すきうどん。
しみじみ美味しい……。
タイ料理も美味しかったけど、当分は和食を食べ続けますレストラン

さて、明日からまた仕事です手(グー)
頑張るためにおやすみなさい夜

posted by 三井寿里 at 22:33| Comment(2) | 旅行記

2018年02月12日

バンコク旅行2018(6日目)

前回、前々回と、ずっと修復中で見られなかった場所がありました。
それが、三島由紀夫の小説「暁の寺」で有名なワット・アルンです。
ついに修復が終わったということで、朝からチャオプラヤ河を船で遡り、行って参りました。

IMG_20180212_105011_R.jpg

以前は、対岸のワット・ポー側の船着き場で渡し船に乗り換えて、ワット・アルンに渡っていたようですが、修復完了時に変わったのか、ワット・アルン前に船着き場が出来ていました。
ワット・ポーの船着き場が工事中だったのかな?
何にしろ便利です。

IMG_20180212_105846_R.jpg
漸く見上げることが出来た、暁の寺、ワット・アルン。
ただただ、ひたすら美しいと思いました。
青空の下に、白い塔が映えて、見とれるほどに美しい。
ガイドブックでは、夕暮れ〜夜、対岸から見るのをお勧めしていますが、私たちは昼間、それも午前中見ることをお勧めします。
ここは、ぜひ午前中の、くすみのない太陽の光の下で見て欲しい。

IMG_20180212_111618_R.jpg

IMG_20180212_111635_R.jpg

IMG_20180212_111941_R.jpg

修復が終わったばかりと言うこともあるかもしれませんが、眩いほど白く、綺麗でした。

IMG_20180212_112214_R.jpg

来て良かった……次に来た時も、もう一度来るでしょう。

午後はプロンポーン駅まで移動。

IMG_20180212_125223_R.jpg

エム・クォーティエでランチを頂いてから、昨日下見しておいたフジスーパーで、仕事場用のお土産を購入しました。
ちなみに我が家のお勧めは、グリコのプリッツ「トムヤムクン味」と「ラーブ味」。
それに今回は、何と海苔菓子に嵌ってしまいましたexclamation
海苔というと日本や韓国のイメージがありますが、タイも実は海苔菓子が人気で、いくつかのメーカーが出しています。
タイのコンビニではどこでも置いていますし、小さいパックからあるので、見つけたら試してみてくださいわーい(嬉しい顔)

午後、ホテルに戻って、クラブラウンジのアフタヌーンティーでひと休み。

IMG_20180212_145112_R.jpg

その後、ホテルのスパで15分間のマッサージを受けました。

IMG_20180212_152449_R.jpg

今回の宿泊にサービスで付いているマッサージでしたが、これは長いコースを予約しておけば良かったと思わせる気持ちよさ…黒ハート
次もプルマンに泊まるつもりなので、その際はスパも堪能します。

15分のマッサージの後、ホテル近くに激安マッサージ店があるというので1時間のフットマッサージを受けました。

IMG_20180212_160014_R.jpg

どれだけ安いかというと、フットマッサージ1時間300バーツが相場のところ、120バーツ(施術料100バーツ+チップ20バーツ)ですよ。
安いからと手抜きされるわけじゃありません。
気持ち良くて、後半眠ってしまいました。
ちなみに、お店は「メイマッサージ」です。
贅沢さはまったくなくて、店内は雑然としていますが、ほぼ満員で、日本人の常連さんもいました。
ショートパンツで行った方がいいですが、長いズボンを穿いている人には裾がだぼっとしたタイパンツを貸してもらえるので安心です。

マッサージで体が軽くなったところで、ホテルに戻って、バーで軽く一杯。

IMG_20180212_172203.jpg
モヒートが美味しかった黒ハート

さて、いよいよ今回のバンコク旅行最後の夜です。
ホテルから歩いて10分弱のところにあるタイ料理店「バーン・カニタ」に行って来ました。
こちらは、多分今回の旅行で一番高級なレストランかと思います。

IMG_20180212_202835_R.jpg

もちろん価格には意味があって、何度もタイ国内でアワードを取った名店。
わくわくしながら、料理を頂きました。

IMG_20180212_195825_R.jpg
こちらは各テーブルに運ばれていたお通し。
葉っぱの上に、具材と甘辛いたれを乗せて、くるっと巻いて頂きます。
IMG_20180212_200002_R.jpg
これは美味しいexclamation×2程よく舌と胃が刺激されて、食欲が増します。

IMG_20180212_200623_R.jpg
人気メニューの、ソムタム。青パパイヤのサラダです。
辛いexclamationでも好きexclamation

IMG_20180212_201000_R.jpg
そしてココナッツミルク入りのトムヤムクン。
ぷりっと太いエビが入っていて、食べ応え抜群です。

IMG_20180212_200950_R.jpg
イエローカレーも濃厚なお味……十二分に堪能しました。

飲んで、食べて、食べまくって、歩き回った今回のバンコク旅行。
セシルは半分以上お仕事でしたが(ごめんね)私は楽しませてもらいました。

それにしてもタイは面白いなー。
コップンカー。
また来ますね黒ハート
posted by 三井寿里 at 23:17| Comment(0) | 旅行記

2018年02月11日

バンコク旅行2018(5日目)

昨日の今日で体がまだ辛さを拒んでいるので、朝は出来るだけ辛くないものを頂きました。

IMG_20180211_082829_364_R.jpg

お昼くらいまでは安静にしますw

さて、今日は午後から世界遺産アユタヤ日帰りツアーに参加します。
3度目のタイで初めてのアユタヤですよexclamation×2
1度目はプーケットのおまけ、2度目はクアラルンプールのおまけだったので、遠くを周る余裕がなかったのです。

最初は、直行バスか電車で往復するつもりでしたが、あれこれ調べていたら、結構不便だということが判りまして、素直に旅行会社のツアーを使うことにした次第。
ツアーは午後からなので、お昼までは近場をぶらぶら歩くことにしました。

で、向かったのはBTSアソークのお隣、プロンポーン駅。
日本人が多く暮らしていて、エムクォーティエがある駅ですね。
ここのソイ33/1に、駐タイ日本人御用達「フジスーパー」1号館があるというので行ってみました。

IMG_20180211_110545_R.jpg
ソイ33/1。
日本語の看板が多くて、ここだけ見ると、日本のどこかの路地のようです。

IMG_20180211_110213_R.jpg
で、ありましたexclamationフジスーパーexclamation
入り口から既に、観光客ではなくタイ在住と思しき日本人のママさんたちがいっぱい。
タイ人は屋台やフードコートのお陰であまり家で料理をしないと聞きますが、日本人は毎日家で食事を作って食べている人が多いようです。
味噌醤油をはじめ、日本のスーパーとほぼ変わらない品ぞろえ。それにタイ他東南アジアの輸入食材が加わった感じ。
店内放送も日本語だし、客層は圧倒的に日本人が多かったですね。

IMG_20180211_110003_R.jpg

井村屋のあずきバー他、日本製アイスも充実。

IMG_20180211_110038_R.jpg

そういえば、街中に時々ある「マックスバリュー」という24時間営業のスーパーはイオン系列で、トップバリュー製品が並んでいました。

フジスーパーでは、アソークの他のスーパーでは扱っていなかったお土産用のお菓子もたくさんあって一安心。
今日は目星だけ付けて、明日改めて買い物に来ることにしました。

IMG_20180211_111029_R.jpg

駅前のエムクォーティエのフードコートでランチ。

IMG_20180211_113211_R.jpg

辛い物は食べないと言いつつ、付けダレが辛かったあせあせ(飛び散る汗)
でも野菜が食べたかったので、美味しく頂きましたぴかぴか(新しい)

IMG_20180211_121814_R.jpg

中国の春節が間もなく始まるので、それに合わせたのでしょうか。
ドラゴンのオブジェが迫力です。

アソークに戻って、午後2時。
タイムズスクエアのHISカウンターに集合、そこから2台のバスに分乗して出かけました。
1台に30人前後ずつ乗っていたので、ざっと60人くらいの日本人が参加していたことになります。
やはりアユタヤ人気なんですねー。

IMG_20180211_150302_736_R.jpg

高速も使って、アユタヤまでは1時間半の道のり。
途中トイレ休憩はありません。まっすぐ目的地へ向かいます。

到着したのは、14世紀を代表する仏教寺院の遺跡「ワット・プラ・マハタート」。
木に抱かれた仏像の頭と、首のない仏像が並ぶ光景で知られています。

IMG_20180211_153119_R.jpg

攻め込んで来たビルマ軍は、次々に仏像を壊し、首を切り落としました。
その時、飛ばされた首の一つが、こちら。菩提樹に抱かれて穏やかに微笑んでいます。
記念撮影の時は、カメラマンは立ったままで構いませんが、被写体側の人は、この仏像の頭より自分の頭が高い位置にならないよう、しゃがまなければなりません。
皆ルールを守って撮影していました。

IMG_20180211_153845_R.jpg

それにしても徹底的に壊したものです。

IMG_20180211_154539_R.jpg

IMG_20180211_154120_R.jpg

首を落とされた仏像は、今もこうして並んでいます。
同じ仏教徒でありながら、宗派が違えばこれほど憎み合ってしまうものなのかと恐ろしく、また悲しくなります。

IMG_20180211_153618_R.jpg
そこらじゅうに野良犬が寝ています。
咆えかかって来ることはなく、皆のんびりしていますが、狂犬病の危険はあるので、むやみに近付かない方が良いかと。

IMG_20180211_153637_R.jpg
ところで、入り口近くにこんな看板がありました。
「首のない仏像の上に頭を乗せて写真を撮らないよう」注意されています。
日本語でも書いてあると言うことは、かつてそういう写真を撮った罰当たりな日本人がいたのでしょう。
絶対にやめましょうね。

次に向かったのは、3人の王様が眠る、アユタヤ最大の寺院遺跡、「ワット・プラ・シー・サンペット」。

IMG_20180211_161705_R.jpg

ここも最盛期は大小34基の仏塔があったそうですが、ビルマ軍に侵攻され、今はこれらの塔と、頭のない仏像、瓦礫と化した建物跡が残っているだけです。

見学後、希望者は象に乗って10分ほどお散歩するエレファントライドに向かいました。
私たちは以前プーケットで乗ったので、それはパス。

IMG_20180211_163833_R.jpg
象さんと一緒に写真が撮れるスペースもありました。
象さんは本当におりこうさんです。

IMG_20180211_164454_R.jpg
バスに戻ろうとしたら、たまたま親子の象に遭遇しました。
仔象可愛いね黒ハート

夕暮れ時、最後の目的地「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」に到着。

こちらは他2つと違って、現在も僧侶の方々が生活している、現役の寺院です。
ちなみに、「ワット」はお寺、「ヤイ」は大、「チャイモンコン」は勝利だそうで、「大勝利寺院」となります。
受験や就職、勝負事など、難関突破して勝利を掴みたいタイ人が多く参拝に来ているそう。

IMG_20180211_171341_R.jpg
大きな涅槃像。かつては金箔が貼られていたそうです。

IMG_20180211_172902_R.jpg
こちらが黄金のご本尊。
熱心にお祈りしている人たちがいました。

IMG_20180211_171830_R.jpg
夕暮れにそびえる仏塔。

静かな心持ちでアユタヤにお別れして、またバスで1時間半かけてバンコクに戻って来ました。

二人とも疲れ気味だったので、夕食はホテル近くのメキシコ料理店「Slanted Taco」で頂きました。

IMG_20180211_204255_R.jpg

タイの辛い物からメキシコの辛い物になっただけという感じですが(笑)でも美味しかったexclamation×2

IMG_20180211_204234_R.jpg

IMG_20180211_204834_R.jpg

IMG_20180211_205212_R.jpg

このお店、東京に出店されないかなあ……美味しいだけじゃなくスタッフの方々も皆さん感じが良くて、間違いなく、次もまた来たいレストランの一つですexclamation

さて、明日は三度目の正直、ついに修復の終わったワットアルンを訪ねます。
posted by 三井寿里 at 23:43| Comment(0) | 旅行記

2018年02月10日

バンコク旅行2018(4日目)

今日も仕事に行くセシルを見送って、私は一人でお出かけ。

IMG_20180210_100153_R.jpg

明日アユタヤに行くことになったので、ツアーの申し込みに行って来ました。
HISバンコク店です。
泊っているホテルから徒歩5分ほど、MRT(地下鉄)スクンビット駅直結のビル内にあって、便利。

IMG_20180210_092908_R.jpg
何故か愛知県岡崎市の観光パンフレットがありました。

無事にツアーが予約出来たので、地下鉄で出かけます。

IMG_20180210_100804_R.jpg

バンコクの地下鉄は、台湾と同じく切符がコイン型です。
BTSはSuicaやPasmoのようなICカード「ラビットカード」を15回分の乗車券入りで購入しましたが、地下鉄はほとんど使わない予定なので、都度切符を購入することにしました。

IMG_20180210_100926_R.jpg

向かった先は、スクンビット駅から2駅、ラーマ九世駅直結の「セントラル・プラザ グランド ラーマ9」。

IMG_20180210_103501_R.jpg

一角にロビンソンデパートも入る、超巨大モールです。

IMG_20180210_103634_R.jpg

IMG_20180210_115930_R.jpg

ガイドブックでは紹介されていないけど、ユニクロやマツキヨ、ダイソー、無印良品等日本のテナントも入っていますし、女性に人気のリボンバッグ「ナラヤ」や「キャスキッドソン」、その他人気店やスーパーマーケットまでぞろりと入っていて、日常のちょっとしたものからお土産まで、ショッピングには絶好のスポットです。
しかもサイアムのモールより空いているので、ゆっくり見られるのも嬉しい。

IMG_20180210_115358_R.jpg
タイに来たら必ず寄る、タイの可愛いコスメブランド「ビューティーコテージ」も入っていました。
店舗によっては、つんけんとしたスタッフさんもいて残念なのですが、ここラーマ9店はとっても感じの良いスタッフさんで、安心してお買い物出来ました黒ハート
「会員カードを作れば、今日から割引になりますよ」と言われて、思わずカード作ってしまったわーい(嬉しい顔)
有効期限5年とか言われた記憶がありますので、次の旅行にも持って来ます。多分5年以内にはまた来るでしょう。
クレジット機能などはないただの会員証ですが、DM用にメールアドレスだけ登録するので、それは普段同様ちょっと慎重にサブアドレスを使いました。

セシルが半ドン(死語)でお昼に帰って来たので、ランチがてら昨日行ったマーブンクロンセンターへ二人でお出かけ。
マーブンクロンには二つフードコートがありまして、6Fが庶民派、5Fが高級派です。
値段が3倍くらい違うので、ちょっとびっくり。

IMG_20180210_141627_R.jpg

今回は庶民派フードコートでタイカレーとお惣菜の盛り合わせを頂きました。
美味しかったですよー黒ハート

ちなみに、ここはマーブンクロン専用のICカードもありますが、BTSで使用するラビットカードでも支払えます。SuicaやPasmoで支払いするのと同じ感覚ですね。
何と、ラビットカードのチャージもフードコートのカウンターで出来るので、100バーツチャージしてもらいました。

食後、セシルの会社の女性スタッフへお土産のタイパンツを購入。似たようなものをあちこちで売っているのですが、見事に価格が違うし、とんでもない金額を言ってから「●●バーツでいいですよ」と値引き後の価格(絶対こっちが本当の価格)を言って来たりするので、時間があるなら、ざっと一回りしてから決めるのが良いかと。
ちなみに私が昨日タイパンツを買ったお店に行ったら、昨日とは違う店員さんがいて、私が買ったのより50バーツも安い金額を提示されました。おおおおお……もうやだ〜(悲しい顔)

マーブンクロンにもビックカメラがexclamation&questionと思ったら、「ビッグ」カメラだった。
IMG_20180210_143604_R.jpg

マーブンクロンを出て、セシルママへのお土産を買いに「ジム・トンプソンの家」へ移動。
一人であちこち見て回ったお陰で、「あれが買いたい、これが欲しい」と言われた時、すぐに案内出来るようになりました手(チョキ)私えらいぴかぴか(新しい)
併設のショップでお買い物をして、ホテルへ帰りました。

IMG_20180210_182913_R.jpg
セシルの仕事が今日で一段落したので、夕方、クラブラウンジで軽く打ち上げ。
お疲れ様でしたexclamation
お酒が美味しいねぴかぴか(新しい)

IMG_20180210_185737_R.jpg
私はケーキが(も)美味しい黒ハート特にチョコレートが黒ハート黒ハート黒ハート

夜は、ホテルから歩いて行けるタイ料理の人気店「バラニー」に行ってみました。

IMG_20180210_195730_R.jpg

セシルはシンハービール、私は生ココナッツウォーターで、もう一度乾杯バーバー
お疲れexclamationお疲れexclamation

料理は伝統的なメニューの他、創作料理も得意ということだったので、両方注文しました。

IMG_20180210_200926_R.jpg
パッタイ(奥)とトムヤムクン(手前)。
パッタイは奇をてらっていない、定番の美味しさ。
トムヤムクンは、ココナッツミルクが入っていて、まろやかです。美味しいぴかぴか(新しい)

で、これが私たちをぶちのめした驚愕のメニュー。
自家製スモークハムのサラダです。

IMG_20180210_201718_R.jpg

ハムの上に乗っている緑色。青唐辛子です。
何も考えずに、一山ぱくり。
美味しいねexclamation 
→ ん? 
→ かっらーーーーーーーーーーーーーexclamation×2exclamation×2 
→ あっつーーーーーーーーーーーーexclamation×2 
→ 痛ーーーーーーーーーっexclamation×2

と、大変な事態になりました。
マジで魂が抜けていく感覚を味わいましたよ…食事で変な汗が出て体が冷えたのは初めてです。

とはいえ、美味しいお店だったので、また行くと思います。
今度は青唐辛子を取り除いて食べましょうね…。

posted by 三井寿里 at 23:56| Comment(0) | 旅行記

2018年02月09日

バンコク旅行2018(3日目)

スパイスで少々疲れ気味の胃に朝粥が嬉しい…。

IMG_20180209_072932_233_R.jpg

タイも朝食によくお粥が食べられていまして、一般的なお米で炊いた物がカオトム、屑米で炊いたのがジョグ、と区別されているようです。
残念ながら、プルマンの朝食のお粥は中華粥で、ジョグにもカオトムにもお目にかかれなかったのですがバッド(下向き矢印)

今朝も早くからセシルは出勤。
私は一人でタイ語教室に行って来ましたexclamation×2

IMG_20180209_093832_R.jpg

教室が入っているのは、アソーク駅直結のビル「タイムズスクエア」。

IMG_20180209_160202_R.jpg

予約した時間に行くと、手作りのテキストとペンとメモ用紙が渡されました。
このテキストに沿って、50分間の授業は進みます。
内容は、読み書きではなく旅行者に嬉しい日常会話が中心。
基本となる声調と、挨拶やよく使う動詞、数字の数え方などを習いました。
難しい……けど、楽しいexclamation

こちらの教室、予約窓口はHISですし、授業は日本語で行われるので、私のようなタイ語初心者でも安心です。
何と受講者は私一人で、贅沢にもマンツーマンでレッスンを受けることが出来ましたexclamation
ちなみに先生は、若いタイ人女性の先生で、とっても気さく。
もし時間に余裕のある方は、一度受けてみると楽しいと思いますよーわーい(嬉しい顔)

授業が終わって11時。
BTSに乗って、ずっと行ってみたかったショッピングセンター「MBK(マーブンクロン)センター」へ向かいました。

IMG_20180209_135529_R.jpg
BTSシーロム線のナショナルスタジアム駅に直結しています。
巨大なわんこがお出迎え。

IMG_20180209_112941_R.jpg
マーブンクロンは上野のアメ横と中野ブロードウェイがミックスしたような雰囲気。つまり色々雑多で、そしてとにかく巨大です。

こちらには私がどうしても行ってみたかった場所があります。

IMG_20180209_113140_R.jpg

フロアの奥に煌々と光り輝くエリアが……。

IMG_20180209_113217_R.jpg

ああっexclamation×2

IMG_20180209_120643.jpg
アニメ店長ではありませんかexclamation×2
ワーイ(両手を合わせるポーズ)してて、めっちゃ可愛い黒ハート

ここに来たのは、店長は店長でも、アニメイトバンコク店のリアル店長にお会いするためです。
まんまとお目通りかなって、興奮と緊張につい挙動不審になってしまった私たらーっ(汗)
ツイッターのイメージ通り、とっても楽しくて優しい店長さんでしたexclamation×2
一緒に写真を撮って頂いたのですが、流石にアップするのは申し訳ないので私だけの宝物にしますかわいいかわいいかわいい
(でも友達にはきっと見せびらかす)
店長さん、ありがとうございましたexclamation×2

IMG_20180209_144325_R.jpg

アニメイトで買ったのは、こちらのクリアファイル。
裏返すと、「一拳超人」……つまり、「ワンパンマン」ですexclamation×2

IMG_20180209_144415_R.jpg

店舗と向かい合わせに、アニメイトカフェもありますよー。
IMG_20180209_121506_R.jpg

ランチは、マーブンクロンの中のケンタッキーで。
日本にはない「ポップチキン」のコンボを注文しました。

IMG_20180209_123448_R.jpg

もう一つ、日本にはないものがここにあります。
右下のオレンジ色のもの、スイートチリソースですexclamation×2
ポップチキン美味しかったですよー。

午後は早めにホテルに戻って、クラブラウンジでアフタヌーンティーを頂きました。
IMG_20180209_145741_R.jpg

ケーキやサンドイッチはどこのホテルでも出るけど、チョコレートファウンテンはめったになさそう…。
ケーキを食べつつ、今日、タイ語教室で習ったことを復習しました。

夕方、セシルが帰って来てひと休み。
二人とも疲れ気味なので今日は遠出せず、近場で夕ご飯にしました。

IMG_20180209_201822_R.jpg

ファッションビル「ターミナル21」のフードコートで、あっさりと麺。

お仕事は明日までだから、頑張れセシル!
posted by 三井寿里 at 23:01| Comment(0) | 旅行記

2018年02月08日

バンコク旅行2018(2日目)

IMG_20180208_072335_003_R.jpg
朝靄のバンコクに昇る赤い太陽。

昨日、ラウンジの軽食が美味しかったので予想はしていましたが、大当たりexclamation
プルマンの朝食は非常に美味しゅうございましたexclamation

IMG_20180208_090734_335_R.jpg
朝食ビュッフェでパニーニやキッシュが並ぶのは、ちょっと珍しい。
野菜のパニーニが美味しかったかわいい

今日から三日間、セシルはお仕事。
夜はお仕事関係の方と夕食をご一緒することになっているので、それまで私は自由時間です。

IMG_20180208_113453_R.jpg

通勤ラッシュが終わるのを待って、BTSでお出かけしました。
途中、サイアムでスクンビット線からシーロム線に乗り換え、向かった先はこちら。

IMG_20180208_113945_R.jpg

「ジム・トンプソンの家」です。

IMG_20180208_114402_R.jpg
ジム・トンプソンは、タイシルクを一大産業に押し上げた、軍出身のアメリカ人実業家。
そして、タイをはじめとする東南アジアの古美術品コレクター。
1967年、マレーシアの避暑地キャメロン・ハイランドで謎の失踪を遂げたことでも知られています。

「ジム・トンプソンの家」は彼がかつて住んでいた家で、今は彼のコレクションを展示するミュージアムとして開放されています。

IMG_20180208_120543_R.jpg

家そのものもタイの伝統建築で、元は他の場所に建っていたものを水路で運んで来たのだそう。
しかも元の家を残しつつ、外壁が美しいからとリビングの内壁に使ったり、窓枠を飾り棚にしたりと、ジム・トンプソンのアイディアが随所にちりばめられています。

IMG_20180208_120524_R.jpg

150バーツでチケットを買えば敷地内には入れますが、家の中を見るには、更に見学ツアー(無料)に参加しなければいけません。
こちらのカウンターで申し込んで、日本語のツアーに参加しました。

残念ながら家の中は撮影禁止。
なので、家の周りと一階部分(高床式なので一階部分は外の扱い)の写真しかありません。

IMG_20180208_121249_R.jpg
一階に展示されている、コレクションでも最も古い物の一つという石像。
首がなくなっていても、滑らかな線が美しい…。

IMG_20180208_121602_R.jpg
こちらは染色用の版木。
捨てられかけていたものを、トンプソンが気に入って買い取ったそうです。
「細かいところを見てください」とガイドさん。
IMG_20180208_121547_R.jpg
胸びれや背びれの色が他と少し違います。
色を変えるために、ここは取り外しが出来るようになってるんですね。
今は使っていないそうですが、この柄のスカーフが欲しいな…。

家の中にも素晴らしい美術品がたくさんありました。
お見せ出来ないのが残念です…。
ぜひバンコクに行かれるなら、ジム・トンプソンの家にも立ち寄ってみてください。

IMG_20180208_114638_R.jpg

外では絹糸紡ぎの実演も。

IMG_20180208_125447_R.jpg

併設のショップとレストランはチケットなしでも入れます。
レストランも素敵な雰囲気で入りたかったけど、今日は我慢、我慢あせあせ(飛び散る汗)

またBTSで移動して、今度は在タイ日本人が多く住む、プロンポーンへ。

IMG_20180208_140742_R.jpg
こちらはショッピングモール、エム・クォーティエ。
随所に水が回されていてとっても落ち着くので、大好きな場所です黒ハート

IMG_20180208_141215_R.jpg
ここの地下には、巨大なフードコート「フードホール」があります。
タイは屋台文化の影響なのか、フードコートが人気。いたるところにフードコートがあります。
で、会計は大抵そこの専用ICカード。
まずはインフォメーションのようなカウンターで好きな金額をチャージしたカードを受け取り、それを使って各ブースで注文、支払いをする──というシステム。
最初は「どうしてわざわざカード?」と不思議だったけど、一度カードを作ったら、現地の人はまたそこに来るだろうし、囲い込みの一種なのかも。
もちろん、使わなかった分は、またカウンターにカードを返せば返金してもらえます。だから旅行者も安心。

IMG_20180208_142426_R.jpg
おかずとご飯のセット。これで70バーツなので、250円くらい?
場所代もあって他の所より若干高いけど、美味しかったし満足でするんるん

2018-02-08-17-22-11-117_R.jpg
午後は、プロンポーンの激安ネイルサロン「ゲーカイ」へ。
両手に単色塗り+2本ずつネイルアートを入れて、足指も単色塗りしてもらって、2000円弱でした。
さすが人気のお店で、20席ほどの店内はほぼ満席exclamation8割が日本人客でした。
お店の看板も「ゲーカイ」って日本語だったしね(笑)

手指が綺麗になったところで、ホテルに戻りました。
夕方、セシルの帰りを待って身支度を整えて、夕食会の会場へ。

IMG_20180208_191712_R.jpg

このために来たようなものなので、無事にお役目を果たせてホッ…。
私自身の仕事に関わるお話も聞けたし、良い勉強になりました。

posted by 三井寿里 at 23:52| Comment(0) | 旅行記

2018年02月07日

バンコク旅行2018(1日目)

まだ暗いうちに起き出して、ホテルで朝食を頂いてから空港へ。

IMG_20180207_071908_R.jpg
成田空港の出国ゲートはまだ開いていませんでした。
朝一番のフライトの方々は出国を待つ行列に気が気ではない様子…。

こういう不便さが、羽田空港にお客を取られてしまった原因ではないかな。
都心から遠いならせめて24時間稼働して欲しいし、それが無理でももっと余裕を持ってゲートを開けてもよさそうなもの。
成田空港が国際空港として今一つなのは、手かせ足かせを掛けまくった結果としか思えないのですよ。
今からでも遅くないから、「国際空港」らしく改善して欲しいな。

IMG_20180207_081040_R.jpg

さて、今日の飛行機は、マレーシアのLCC、エアアジア。
そのビジネスクラスを予約しました。

IMG_20180207_083741_R.jpg

こちらが、ビジネスクラスのシート、プレミアムフラットです。
180度に倒れるので、長時間のフライトでも楽ちん。
ただし、機内エンターテインメントシステムは一切ございません。
本を読むくらいしかすることがない…ので、私は分厚い小説を一冊持ち込みました。

IMG_20180207_094943_R.jpg
ドリンクも機内食ももちろん有料ですが、今回は機内食とドリンク一本が付いて来るプランで予約しました。
機内食はいくつかあるメニューの中から選んでWEB予約しておけます。

IMG_20180207_101542_R.jpg
機内食は、正直、日本の航空会社のエコノミークラスより下ですが…バッド(下向き矢印)

IMG_20180207_101630_R.jpg
でもエアアジアの名誉のために申し上げますが、味は良かったですよ。

ご飯を食べて、本を読んで、シートを180度に倒して、ぐっすり眠ったら、あっという間に7時間が過ぎて、バンコク到着〜exclamation
IMG_20180207_150719_R.jpg

LCCはドンムアン空港を利用します。
入国審査で30分くらいかかりましたたらーっ(汗)
ドンムアンを利用する際は、時間に余裕を持って行動した方が良さそうです。

空港からタクシーでホテルへ向かいました。
IMG_20180207_155722_R.jpg
喪が明けて、だいぶ新国王の御姿も見るようになったけど、相変わらず前国王であるプミポン国王の人気は絶大のようです。

ホテルはスクンビット駅とアソーク駅の両方が使える、プルマンを選びました。

IMG_20180207_162802_R.jpg

クラブラウンジでチェックイン。
落ち着いて良い雰囲気です。

IMG_20180207_163736_R.jpg
お部屋も、さほど広くはありませんが、快適快適るんるん

IMG_20180207_163802_R.jpg

バスタブとシャワールームが別になっているのも嬉しい。

IMG_20180207_164914_R.jpg
ウェルカムフルーツには、タイの伝統菓子も添えられていました。

IMG_20180207_180907_808_R.jpg

6時からはカクテルタイムバーバー
クラブラウンジでタダ酒を頂きました手(チョキ)
プルマンは料理が美味しくて嬉しいぴかぴか(新しい)

ほろ酔いになったところで、夕涼みの散歩がてら、食事に出かけました。

IMG_20180207_200057_R.jpg
スクンビットの交差点。相変わらずバイクの多いことexclamation×2

今夜は旅の疲れもあるので、ホテルの近くで食事を摂りました。
在タイ日本人に人気のタイ料理レストラン「プワンゲーオ」のプーパッポンカリー
IMG_20180207_211301_R.jpg

と、

IMG_20180207_211308.jpg
同じく牛ステーキ。
「プワンゲーオ」はとにかく美味しいのでお勧めです。
バンコクに行ったらぜひ一度お試しあれ。

明日はセシルは朝から仕事です。
posted by 三井寿里 at 23:00| Comment(0) | 旅行記

2018年02月06日

タイ前夜

明日から、セシルの仕事に付いて、バンコクへ行って来ます。
フライト時間が早いので、今夜は成田で前泊。

IMG_20180206_194216_844_R.jpg

セシルと秋葉原で待ち合わせて夕ご飯。
久しぶりに秋葉原に来たけど、電気街よりすっかりオタクの街だね。
外国人観光客も、電化製品よりむしろアニメやゲーム目当てで来ている様子だし、「街は生き物」だとつくづく感じます。
人が楽しく足を運んでくれるなら、どんな風に変わっても良いと思うのですよわーい(嬉しい顔)

IMG_20180206_200403_R.jpg

夕食は、「勝牛」の牛カツレストラン

IMG_20180206_194315_R.jpg

だし醤油の他、塩やカレーだれもあって、楽しい。
一番美味しかったのは、だし醤油+ワサビでした黒ハート

IMG_20180206_205557_R.jpg

秋葉原から、車で一路成田へ。
私たちの定宿は、成田ビューホテルです。
理由は、「温泉があるから」。
あまり知られていないみたいですが、成田ビューホテルは、成田空港近辺のホテルで唯一温泉を持っていて、日帰り入浴にも対応しているのですよexclamation

温泉で温まったし、ゆっくり休んで明日に備えます。

posted by 三井寿里 at 23:00| Comment(0) | 旅行記

2017年06月03日

帰国

本日無事に帰国しました。

IMG_20170603_185806.jpg

成田から飛んで、羽田に降りるというこれまでになかったパターンでもあり、なかなか面白い旅になりましたわーい(嬉しい顔)

旅行記は明日から少しずつ上げて行きますので、しばしお待ちをexclamation

posted by 三井寿里 at 22:27| Comment(0) | 旅行記

マレーシア&タイ旅行(9日目)

早朝のクアラルンプール。

IMG_20170603_061427_R.jpg

楽しかった旅行も今日でおしまい。
ホテルでバンコク最後の朝食を頂いて、帰国の途につきました。

IMG_20170603_062742_R.jpg

空港までのタクシーで、ちょっとしたトラブル発生。
信号待ちでドライバーが車を降りたと思ったら、トランクから布を出して来て、メーターを隠してしまったのです。

IMG_20170603_072243_R.jpg

すぐにセシルが「布を外してください」とクレームを入れて、事なきを得ましたが、どうぞ皆さんもお気を付けてexclamation×2

IMG_20170603_081950_R.jpg
そんな感じで小さなトラブルもいくつかありましたが、今回のマレーシア&タイ旅行も楽しく行って参りました黒ハート

また何年かしたら、再訪したいと思います。
今度は、ラマダン以外の時にねexclamation×2


posted by 三井寿里 at 22:00| Comment(0) | 旅行記

2017年06月02日

マレーシア&タイ旅行(8日目)

マレーシアで少し体調を崩していたセシル、本格的に風邪を引いてしまいましたバッド(下向き矢印)

今日はのんびり過ごすことにして、バンコク市内で一番大きな緑地公園「ルンピニー公園」へ行ってみました。

IMG_20170602_121120_R.jpg

噴水が気持ちいいぴかぴか(新しい)

IMG_20170602_121454_R.jpg
公園のゲート。
昨年プミポン国王を失ったタイは、まだ喪に服しています。

IMG_20170602_123049_R.jpg
公園のすぐ傍のビルにもプミポン国王の写真が掲げられていました。
本当に敬愛されていた国王だったのですね。

公園内でゆっくり過ごそうと、池まで行ったのですが、暑さと蚊に追い立てられて、10分ほどでダウン。
冷房を求めて、シーロム駅直結のショッピングセンター「シーロムコンプレックス」に逃げ込みましたあせあせ(飛び散る汗)
おおお……文明バンザイふらふらあせあせ(飛び散る汗)

シーロム駅周辺は、世界的に有名な歓楽街「パッポン通り」で知られていますが、昼間は普通のオフィス街です。
シーロムコンプレックスは、周辺で働くOLさんたちの御用達。
お昼時とあって、レストランは、観光客だけでなく地元のサラリーマンやOLでどこもいっぱいexclamation×2

IMG_20170602_131113_R.jpg

待つこと10分、ガイドブックに出ていた人気店に入ることが出来ました。
麺料理の「ロスニョム」です。

IMG_20170602_132701_R.jpg
こちらはビーフンを甘辛いたれで炒めた「ミー・パッド・カシェード」。

IMG_20170602_132915_R.jpg

豚肉の串焼きは、ピーナツソースで頂きます。
どちらも美味しかった黒ハート

お昼のピークは日本と同じく12時から13時過ぎまでなので、それを外せば待たずに入れると思います。

IMG_20170602_125013_R.jpg

シーロムコンプレックスの上の文具店(兼画材店)の奥で、コミックスの棚を見つけました。
日本の漫画もたくさんあるよexclamation×2

IMG_20170602_124958_R.jpg

漫画用の画材を買いに来たお客がコミックスも買って帰る、という感じ。
店頭には「進撃の巨人」のノベルスも置かれていましたわーい(嬉しい顔)

食後、セシルはホテルでひと眠り。
私は、Terminal21でお買い物をしました。
戦利品は、まとめて後日載せますねるんるん

夜、バンコク最後のディナーに出かけました。
IMG_20170602_190529_R.jpg

お店は、「エムクォーティエ」内の「Nara」。
IMG_20170602_200912_R.jpg
シックな内装の、タイ料理店です。

IMG_20170602_193436_R.jpg

どれも食べやすく美味しくて、二人とも大満足黒ハート黒ハート黒ハート
ここはまた来たいお店の一つになりました。

IMG_20170602_193008_R.jpg

IMG_20170602_193534_R.jpg

IMG_20170602_194627_R.jpg

食後、エムクォーティエの「ウォーターガーデン」でひと休み。
IMG_20170602_203652_R.jpg

ベンチや展望デッキがあって、夜景を見ながらくつろぐには丁度良いスポットです。
篝火と水場も綺麗で、夜は特にお勧めですよーexclamation×2
(昼間は子供向けワークショップもやってそうなので、ちょっと賑やかすぎるかもしれないw)

ところで、駅から繋がるエムクォーティエの入り口で、熱く盛り上がっているイベントに遭遇しました。

IMG_20170602_204829_R.jpg
何と、BNK48のイベント中exclamation
AKB48のイベントも観たことないのに、思わず立ち止まって観てしまいました。
みんな楽しそうexclamation×2

まだまだ滞在していたかったけど、もう明日は帰国です。
近いうちに、また来たいな……今度はアユタヤにも行きたいし、プーケットも再訪したい。
その時までには、ワット・アルンの工事が終わってますようにexclamation×2
posted by 三井寿里 at 23:23| Comment(0) | 旅行記

2017年06月01日

マレーシア&タイ旅行(7日目)

ジム・トンプソンという人物をご存知ですか?
アメリカ人実業家で軍人、第二次世界大戦中はスパイ、そしてタイのシルクを世界中に知らしめたシルク王。
1967年3月、彼はマレーシアの高級別荘地キャメロン・ハイランドで、森に散歩に出かけたきり消息を絶ちました。
失踪の理由は、遭難、身代金目的の誘拐など様々な説がありますが、ベトナム戦争が激化していた時代だったことに加えて過去スパイ活動を行っていたという彼の経歴もあり、殺されたのではないかとも言われています。
松本清張は、彼の失踪事件を基に、小説「熱い絹」を書いたそうです。
私は未読でしたが、これを知って俄然読みたくなっております。

さて、そのジム・トンプソン。
今ではタイを代表するシルクブランドとして知られています。

IMG_20170601_114823_R.jpg

今日は、ジム・トンプソンの品が一般のお店よりお安く買える「ファクトリーアウトレット」に行って来ました黒ハート

IMG_20170601_123815_R.jpg
建物は五階建てで、1〜3階は布地、4階が服飾品、5階が食品とリビング雑貨類、一部カフェです。
最新の商品は買えませんが、一般のお店より多くの商品を扱っていて、一か所で色々見られるのが魅力ぴかぴか(新しい)

IMG_20170601_124752_R.jpg
自宅用のクッションカバーやお土産など、色々買いました黒ハート
帰国したら「熱い絹」読んでみよう本

今日は午後からスパの予約を入れていたので、最寄りのプロームポン駅まで移動。
ちなみに、ホテルとスパとジム・トンプソン・ファクトリー・アウトレットは同じBTSスクンビット線上にあるので便利です。

時間があまりなかったので、プロームポン駅直結のショッピングセンター「エンポリウム」のフードコートで手早くランチ。

IMG_20170601_131548_R.jpg

タイのメディアでも紹介されている人気店が出店していたようで、これがとっても美味しかったexclamation×2
お店の名前、チェックしてくるの忘れちゃったよもうやだ〜(悲しい顔)

「エンポリウム」はいわゆる高級ショッピングセンターだそうで、一流ブランドがごごんと入っていました。
王族や芸能人などタイのセレブがよく訪れているとか。
駅を挟んで反対側には姉妹館の「エムクォーティエ」もあって、そちらも人気ですぴかぴか(新しい)

美味しいランチで満足したところで、次はスパでボディケア。

IMG_20170601_140325_R.jpg

お店はセシルが見つけた「アジア・ハーブ・アソシエーション」です。
こちらはいわゆる一軒家スパで、タイだけでなくカンボジアにも支店がある結構大きなチェーン店。
日本語対応の予約センターもあって、便利です手(チョキ)

お店の売りは生のハーブを使ったハーブボールのマッサージ。
それが組み込まれた90分のコースをお願いしました。
カップルは同じ部屋で施術可能なのも嬉しい黒ハート

マッサージ中、担当のセラピストさんが思わず笑ってしまったほど、背中や腰がボキボキいってましたふらふら
姿勢が悪いのかなー?たらーっ(汗)

お部屋で面白いもの発見。

IMG_20170601_154411_R.jpg

日本語が判らないセラピストさんに、指差しでリクエストできるうちわわーい(嬉しい顔)
うちわの形まで優雅ですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

体がすっきりしたところで、元気に夜遊びexclamation

IMG_20170601_183433_R.jpg

チャオプラヤ川のサトーン船着き場からボートに乗って、ナイトマーケット「アジアティーク」に出かけました船

IMG_20170601_184518_R.jpg

「アジアティーク」は安全安心なナイトマーケットとして2012年にオープン。
船着き場跡地に1500以上のショップと40以上のレストランが並ぶ、一大夜遊びスポットですグッド(上向き矢印)

IMG_20170601_184545_R.jpg

敷地内は4つのエリアに分かれて倉庫が立ち並び、ガイドブックで紹介されていたお店を探すのも一苦労バッド(下向き矢印)

IMG_20170601_185311_R.jpg

巨大なアメ横、という雰囲気?

正直、売っているものにはバリエーションがなくて、衣料品、アクセサリー、安いコスメやスパアイテム、皮製品、おもちゃのお店が順繰りに出て来る感じ。
ただ、同じものが別のお店にもあるとは限らないので、気に入ったら後回しにしないで、その場で買った方が良いかな。前にも書いた通り、お店を探すのも大変なのであせあせ(飛び散る汗)

それから、ここでは値切りは一切しないのがルールのようです。
同じような商品だとどのお店も大体同じ値段なので、そこらへんは決まってるのかしら。

IMG_20170601_193819_R.jpg
大道芸がいたり、メリーゴーラウンドがあったり、川べりに出るとダンサーを乗せた船が音楽を流しながら川を下って行ったり。
遊園地かサーカスのような賑わいでした黒ハート

買う物があまりない人でも、チャオプラヤ川のボートと一緒に楽しむ気持ちで、一度は来てみると良いかもしれませんるんるん

……あれ?

IMG_20170601_192954_R.jpg

ピカチュウ発見exclamation&question

と思ったら、目の前でヌーッと立ち上がって脚が伸びましたがく〜(落胆した顔)

IMG_20170601_192945_R.jpg

誰だお前exclamation×2exclamation×2
いいのかそれexclamation×2exclamation×2訴えられるぞexclamation×2exclamation×2

一抹の怪しさを残しながら、我々はアジアティークを後にしたのであった…。

IMG_20170601_194219_R.jpg

ホテルまで戻って、隣のTerminal21で夕ご飯。

IMG_20170601_213325_R.jpg

お店はタイ料理の「Have a Zeed (ハヴアジード)」です。
満席でしたが、ちょうど席を立ったグループがいたので、すぐ座れました。

こちらは東北タイ料理の人気店「ステーキ・ラオ」が出したお店で、確かにどれを食べても美味しいexclamation

IMG_20170601_205213_R.jpg
言わずと知れたトムヤムクン。
多分、私がこれまで食べたトムヤムクン中、一番食べやすく美味しいトムヤムクンでしたぴかぴか(新しい)

IMG_20170601_205304_R.jpg

IMG_20170601_205525_R.jpg

いまいち美味しくなかったのはさやいんげんだけたらーっ(汗)

そしてこちらに来たら是非注文して頂きたいのがこれ。

IMG_20170601_204759_R.jpg

スティックサラダじゃないよー。
タイミルクティーです。
太い人参スティックみたいなのは、タイミルクティーを凍らせたもの。
溶けても味が薄くならないように、というアイディアですねぴかぴか(新しい)

IMG_20170601_204847_R.jpg

他のソフトドリンクでも同じようなメニューがありましたので、飲みたいドリンクがあったら、ぜひグッド(上向き矢印)
お勧めです手(チョキ)





posted by 三井寿里 at 23:15| Comment(0) | 旅行記

2017年05月31日

マレーシア&タイ旅行(6日目)

IMG_20170531_085618_R.jpg
朝食にチョコレートケーキ黒ハート

幸せもつかの間、朝もはよからホテルをチェックアウトして、空港へ向かいました。
今日はバンコクへ移動しなければなりません。

IMG_20170531_100025_R.jpg
私たちのお部屋、バイバイ手(パー)
また必ず来るからねexclamation

クアラルンプールからバンコクへは、マレーシアのLCC、エアアジアを利用します。
エアアジア初めてexclamation×2

エアアジアはクアラルンプール国際空港(KLIA)2から飛んでいます。

IMG_20170531_112747_R.jpg

KLIA2は、金正男が暗殺された、まさにあの空港です。
事件を思わせるものは、もう当然ながら何もなく、大勢の人が行き交っていました。
ただ、近隣の国の人もたくさんいますし、空港へ入る時にチェックがあるわけでもないし、警備員があちこちにいるわけでもなく、これは確かに暗殺するにはうってつけの場所だったのかもしれません…。
どうか安らかに。

搭乗時間まで結構時間があったので、免税店でお買い物。

IMG_20170531_131452_R.jpg

ゲランの口紅を買いましたキスマーク
これは、お友達がブログで紹介していてすごく可愛かったので、免税店で買おうと狙っていたのでしたるんるん
中身は、また別の機会に。

クアラルンプール―バンコク間の飛行時間は、約2時間。
機内食を食べて、ちょっとうとうとしたら、もうバンコクでした飛行機早いexclamation×2

バンコクではUBERは認められていないので、空港からホテルまではタクシーを利用。

IMG_20170531_173357_R.jpg

以前にも増して凄い渋滞で、ホテルに着いたのは6時半近くなってからでした。
ちょうどクラブラウンジがイブニングカクテルの時間だったので、ワインとおつまみを頂きながらチェックイン。

IMG_20170531_185251_R.jpg

疲れた体に美味しいお酒がしみわたる……甘露、甘露黒ハート

IMG_20170531_194144_R.jpg

お部屋に荷物を置いて、ふらっと夜の街にお散歩に出かけました。

IMG_20170531_204346_R.jpg

ホテルの隣は、ちょっとユニークなショッピングモール「Terminal 21」です。
コンセプトは国際線の空港。
各フロアには、パリやロンドン、サンフランシスコなど、世界の大都市の名前が付いています。

IMG_20170531_204527_R.jpg
1F(日本の3F)は「TOKYO」ぴかぴか(新しい)

日本のお店が入っているわけではなくて、内装が日本をイメージした造りになって……

IMG_20170531_204422_R.jpg

高田馬場?

IMG_20170531_204435_R.jpg

原宿とか、表参道とか……

IMG_20170531_204747_R.jpg

「嬉々として」何をするのでしょうか。

IMG_20170531_204641_R.jpg

……

IMG_20170531_204800_R.jpg

お相撲さんは柱を挟んで取り組まないよあせあせ(飛び散る汗)

IMG_20170602_170858_R.jpg

Oh,ゲイシャexclamation

IMG_20170602_170952_R.jpg
読めそうで読めない、ちょっと怖いのれんたらーっ(汗)

と言う感じに、色々間違っちゃった日本なのです。
でも、なかなか面白いよ、ここるんるん
一つ上、2Fのロンドンフロアの警備員さんはイギリスの衛兵さんの恰好でしたわーい(嬉しい顔)

ちなみに、6Fには映画館が入っています。
もちろん、フロア名は「ハリウッド」exclamation×2

IMG_20170531_205532_R.jpg

ハリウッドといえば付き物のアレもいますよ。

IMG_20170531_205616_R.jpg

オスカーぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

IMG_20170531_205909_R.jpg
日本の映画も上映されていました手(チョキ)
人気みたいですグッド(上向き矢印)

さあ、明日からはバンコクレポートですよ〜exclamation×2

posted by 三井寿里 at 23:27| Comment(2) | 旅行記

2017年05月30日

マレーシア旅行(5日目)

皆様、右手をご覧くださいぴかぴか(新しい)

IMG_20170530_101950_R.jpg

ペトロナスツインタワーのてっぺんでございますexclamation×2

本日は朝からペトロナスツインタワーに登ってまいりました。
ツインタワーは、日本の間組が建てたタワー1と、韓国のサムスン物産が建てたタワー2から構成されていて、私たち観光客が入れるのは、タワー2のみ。
それも、ガイド付きで41階のスカイブリッジと86階の展望室のみです。

IMG_20170530_092923_R.jpg
チケットは当日でも買えますが、上がれる人数が決まっているため、混んでいる時は待たなくてはなりません。なので、あらかじめwebシステムで予約していくことをお勧めします。
ただし、こちらが購入可能なのは24時間前まで。おまけにwebシステムはかなりクソなので、時間と心に余裕を持って利用してくださいわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

IMG_20170530_095222_R.jpg
予約時間になると、その時間のグループごとに集められ、入場します。
飛行機の搭乗時のような手荷物検査を受け、バッグなどは受付に預けてから、いざ入場手(グー)

まず41階のスカイブリッジに到着。

IMG_20170530_100746_R.jpg

これがタワー1とタワー2を繋いでいる空中通路です。

IMG_20170530_100639_R.jpg

窓の外では作業員の方が窓拭きの作業中でしたあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
み、見てるこっちが怖いあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

さらにエレベーターで上がり、86階の展望室へ。
IMG_20170530_102008_R.jpg

当初、ツインタワーは一般に公開する予定はなかったため、展望室もあまり広くはありません。

IMG_20170530_101950_R.jpg

隣のタワー1の尖塔が見えます黒ハート

IMG_20170530_102110_R.jpg

クアラルンプールの街が一望出来ますわーい(嬉しい顔)
風景を堪能して、またエレベーターで降りて来ました。
所要時間、ざっと1時間弱。
完全に時間制なので、個人でゆっくりしたい人には向きませんが、せっかくなので上がってみても良いと思いますよ。
(でも正直、池袋サンシャインシティのスカイサーカスの方が100万倍くらい面白いと思いました)

早々とツインタワーも見終わってしまったので、下の駅から電車に乗って、オールドタウンに向かうことにしました。
オールドタウンとは、クアラルンプール中心から見て西側、クアラルンプール駅とその周辺の一帯です。

IMG_20170530_113235_R.jpg

屋根がかかって、まるで商店街のようなこちらは、チャイナタウンのメインストリート、プタリン通り。
とっても賑やかでしたグッド(上向き矢印)

IMG_20170530_112601_R.jpg

ヒンドゥー教の寺院「スリ・マハ・マリアマン寺院」や、

IMG_20170530_112812_R.jpg

関帝廟もあります。
もっとあちこち見て回りたかったのですが、あまりの暑さにダウン。
お買い物スポット「セントラル・マーケット」でお茶を飲んで、引き上げました。

パサール・スニ駅からKLセントラル駅へ移動して、駅ビルのニューセントラルで、ほっとひと息。
ああ冷房がありがたい……たらーっ(汗)
レストランフロアで、気になっていたお店に入ってみました。
Peri-Peri chickenのお店「Nando's」です。

IMG_20170530_131445_R.jpg

ぺりぺりちきん?なんどす?

IMG_20170530_133149_R.jpg
こちらが看板メニュー「ペリペリチキン」です。
名古屋の手羽先みたいな感じを想像していたのですが、まったく違います。
とにかく辛いexclamationでも旨いexclamationでも辛いexclamation×2

Nando'sは南アフリカ発祥のレストランチェーン。
「ぺリぺリ」とは鶏肉を漬け込むスパイスソースのことらしいです。
パリパリとかピリピリみたいな擬音ではないんですね。
唇がちょっとヒリヒリになりましたが、ぺリぺリチキン、美味しかったです黒ハート
ご馳走様でした。

IMG_20170530_133012_R.jpg
普段飲まない甘い飲み物が、辛い食べ物にはありがたい…。
お水では辛さが流れてくれないのですたらーっ(汗)

お買い物をしてホテルに戻って来たら、凄まじい雷雨がやって来ました雷
あっという間に窓の外は真っ白がく〜(落胆した顔)

IMG_20170530_165307_R.jpg

考えてみたら、マレーシアに着いてからほぼ毎日、夕方は土砂降りでした。
今はそういう季節なのかな。

雨が上がるのを待って、マレーシア最後のディナーに出かけました。
選んだお店は、KLCC駅隣接のアベニューKの中にあるマレー料理店「ワンダーママX」。

IMG_20170530_192245_R.jpg
↑ママ?

IMG_20170530_192810_R.jpg

7時に着いたら既にお店は満席。
15分ほど待って、カウンターに案内されました。
バッグの置き場所もないので、膝に抱えたり椅子の背もたれと背中の間に挟んだりと落ち着かなかったですが、人気店なら仕方ないあせあせ(飛び散る汗)

でも料理は美味しかったですよexclamation×2

セシルはマレーシアに来てからずっと食べ続けているココナツミルクで炊いたご飯、ナシ・レマッを、私はココナツミルク入りカレースープの麵料理、ラクサを頂きました。

IMG_20170530_194432_R.jpg

ワンダーママXのラクサ。
辛いけど、旨みたっぷりでとろりと美味しいexclamation×2

IMG_20170530_194736_R.jpg
いくつも賞を取っているお店だとネットには書かれていました。
確かにこれは美味しいぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

ここは自信を持ってお勧めできる、良いお店ですexclamation
出来たら次はテーブル席に座りたいなわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
posted by 三井寿里 at 23:52| Comment(0) | 旅行記

2017年05月29日

マレーシア旅行(4日目)

IMG_20170529_083431_R.jpg
あつあつ豆乳と揚げパンで台湾風朝ご飯黒ハート

本日はこの旅で私がどうしても行ってみたかった場所、「ブルー・モスク」へ行って参りました。

IMG_20170529_115116_R.jpg

「ブルー・モスク」、正式名「スルタン・サラフディン・アブドゥル・アジズ・シャー・モスク」は、マレーシア最大のモスクです。

IMG_20170529_110305_R.jpg

収容人数はなんと24,000人exclamation
東南アジアではジャカルタのイスティクラル・モスクに次いで2番目に大きなモスク…ですが、ジャカルタのは屋外も含めての収容人数なので、屋内型のモスクとしては東南アジア最大です。

というようなことを、案内役のアジザンさんが教えてくれました。
モスク内で勝手にあちこち写真を撮るのは禁止ですが、ガイドさんが付いている場合は大丈夫。
丁寧な説明を聞きながら、たくさん写真を撮りましたカメラぴかぴか(新しい)

IMG_20170529_113324_R.jpg

「ブルー・モスク」という名のとおり、中は青、青、青。
どこもかしこも、青い光でいっぱいに満たされています。

IMG_20170529_113335_R.jpg

IMG_20170529_111954_R.jpg

「ISは間違ったイスラム教徒です」とアジザンさんは言いました。
「私たちムスリムは暴力を否定します。テロリズムは神様の教えにはありません」

IMG_20170529_113425_R.jpg

IMG_20170529_123736_R.jpg
帰りにコーランの日本語訳を頂きました。
コーランはアラビア語で書かれたものを読まないと、「コーランを読んだ」ことにはなりません。
でも、日本語訳を読めば、内容を理解することは出来ます。
「知ること」「知ろうとすること」が今の私たちには、とても大事なことに思えます。
帰国したら、じっくり読んでみることにします。


UBERでクアラルンプール中心まで戻って、ブキッビンタンでランチを頂きました。

IMG_20170529_145955_R.jpg
お店はパビリオン地下の「Dolly(多利)」。
点心が人気のお店です。

IMG_20170529_145853_R.jpg

評判通り、点心はどれも美味しくて大満足黒ハート
IMG_20170529_150159_R.jpg

IMG_20170529_150338_R.jpg

IMG_20170529_150324_R.jpg

他にも支店があるみたい。
日本にも出店して欲しいーexclamation×2

食事の後は、パビリオンの中をぶらぶら。

IMG_20170529_160515_R.jpg

パビリオンには「トーキョーストリート」というフロアがあります。
IMG_20170529_154951_R.jpg

羽田空港の江戸小路みたいるんるん

IMG_20170529_155151_R.jpg

IMG_20170529_155209_R.jpg
山梨県のアンテナショップexclamation&question

IMG_20170529_155541_R.jpg
カシオのお店もexclamation×2

別のフロアには、DCコミックのショップもありましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

IMG_20170529_160543_R.jpg

バットモービルぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

IMG_20170529_160627_R.jpg

IMG_20170529_160720_R.jpg

フィギュアからアパレルまで、凄まじい数のアイテムが揃っていました黒ハート
このお店、ブキッビンタンの他のビルにも入っています。マレーシアではDCが人気なのかしら黒ハート

IMG_20170529_160831_R.jpg
こちらはフィッティングルームですぴかぴか(新しい)
1ボックスにヒーロー一人ずつ黒ハート

夕方、ブキッビンタンから少し歩いて、巨大屋台街「アロー通り」に行ってみました。
路上にまでテーブルが並ぶ…とガイドブックにはあったのですが、今夜は生憎の雨模様雨

IMG_20170529_192504_R.jpg

寂しい……バッド(下向き矢印)

200mの通りを端まで歩いて、そこから今日のディナーのお店に向かいました。

IMG_20170529_204852_R.jpg

IMG_20170529_195009_R.jpg

ベトナム料理のお店「サオ・ナム」。
こだわりの食材はベトナムから仕入れているという、カジュアルながら本格派のお店です。

IMG_20170529_194856_R.jpg

IMG_20170529_201055_R.jpg

美味しくて、巨大なバイン・セオもぺろりと頂きました黒ハート
クアラルンプールでベトナム料理を食べるなら、ここは絶対にお勧め手(チョキ)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

IMG_20170529_205151_R.jpg
屋台街に鮮やかな提灯。
ノスタルジックな風景です黒ハート

posted by 三井寿里 at 23:54| Comment(0) | 旅行記

2017年05月28日

マレーシア旅行(3日目)

朝から快晴晴れ

IMG_20170528_093801_R.jpg

IMG_20170528_083214_R.jpg

朝食に大好物のミューズリーを頂いて(その他もろもろ頂いて)今日は有名観光地に行ってみました。

IMG_20170528_111024_R.jpg
いわゆるマレーシアの国鉄で約30分。ヒンドゥー教の聖地「バトウ・ケイブ」ですぴかぴか(新しい)

IMG_20170528_115536_R.jpg
石灰岩の巨大な鍾乳洞の中に作られた寺院で、そこまでは272段の急な階段を登らねばなりません。
暑いっexclamationきついっexclamationつらいっexclamation

IMG_20170528_121541_R.jpg
頂上に着いた頃には汗みどろたらーっ(汗)
ここまで登って来るだけでも修行です。

IMG_20170528_121754_R.jpg
バトウ・ケイブの中はこんな感じ。

IMG_20170528_121911_R.jpg
人形が飾られていたりして、私たちから見ると、聖地と言うよりはテーマパークのような…。

IMG_20170528_122204_R.jpg
中にも階段があって、それを登ってゴール。
岩の間から差し込む陽光が綺麗です。

IMG_20170528_123004_R.jpg

IMG_20170528_123309_R.jpg

あちこちに猿がいるので、食べ物の袋には要注意です。

IMG_20170528_123035_R.jpg
鳩もいる。

この洞窟、「ヒンドゥー教の聖地」ということですが、臭いと足元の悪さが難点です。
臭いの主な原因は動物臭と、バナナの皮など片付けられないままの生ごみたらーっ(汗)
上からはひっきりなしに鍾乳石を伝って水が落ちて来て、排水設備が整わない床は常にびしょ濡れ。ドブのようになっているところもあって気が抜けません。
申し訳ないのですが、ありがたみがあまり感じられず、早々に階段を降りて下界に戻りました。

ちなみに、バトウ・ケイブのバスプール前にあるお手洗いはチップ制にも関わらず汚いので、ここを訪れる際にはバトウ・ケイブ駅のお手洗いを利用しておくことをお勧めします。
トイレットペーパーはなく、用を足したらホースで洗う方式なので、床が大変なことになっています。
どうしても入らざるを得ない時は、薄いサンダルではなくスニーカーなどで足元を固めることと、ティッシュは必須。それと、チップのために小銭を持って行ってください。
私は大きい金額の小銭しかなく、当然おつりは出ませんので、高いお金出して汚いトイレに入るという悲しい思いをしました。

それにしてもバトウ・ケイブはまるで遊園地のアトラクションのようです。
IMG_20170528_115119_R.jpg

駅前の像たらーっ(汗)
日本人にとっての「聖地」とは感覚が違うのかもしれませんバッド(下向き矢印)

一時間に一本の国鉄に乗って、またクアラルンプール中心地に帰って来ました。

そういえば、国鉄といえば行きの電車の窓がこんなことになっていました。
IMG_20170528_114415_R.jpg

銃弾ではないでしょうが……石かなたらーっ(汗)
ちょっと怖い。

乗り換えのKLセントラル駅で降りて、駅直結のショッピングセンター「ニューセントラル」のフードコートでお昼ごはん。
IMG_20170528_142133_R.jpg
これ、イカかお魚の炒め物のように見えますが、実はベジタリアンフード。
大豆(だと思う)から出来ています。
結構美味しいんですよ黒ハート

お腹がいっぱいになったところで、モノレールに乗り換えて、今度はブキッビンタンへ移動。
何気なく入った「伊勢丹ジャパンストア」で意外なものを発見しました。

IMG_20170528_160431_R.jpg
ガンダムexclamation×2

IMG_20170528_160516_R.jpg
子供たちがガンプラにへばりついていましたわーい(嬉しい顔)
どこも変わらない光景ですぴかぴか(新しい)

IMG_20170528_160449_R.jpg
何かと思ったらアニメイトexclamation
期間限定ショップだったのかな?

夕方が近付き、空模様が怪しくなってきたので、慌ててホテルへ戻りました。
あっという間に外は真っ白。激しい雷雨雷

IMG_20170528_175756_R.jpg

この季節はどうやら毎日のようにこの時間、雷雨が来るようですね。

IMG_20170528_172036_R.jpg
ホテルのクラブラウンジでお酒をちょっと頂きつつ、雨が止むのを待ちました。

IMG_20170528_180343_R.jpg
デザートにハートのマシュマロがあったので、飾り付け黒ハート

雨が止んでから、スリアKLCCに食事に出かけました。
IMG_20170528_213827_R.jpg
噴水ショーは毎晩開催ぴかぴか(新しい)

IMG_20170528_204717_R.jpg
お酒がちょっと過ぎたので、軽く麵で済ませました。
マレーシアのご飯は辛い物が多いけど、今のところ胃は大丈夫みたい。
胃薬のお世話にはならずに済んでいます。
posted by 三井寿里 at 23:13| Comment(0) | 旅行記