2018年06月30日

台湾旅行2018(3日目)

本日は台北市内をお散歩&お土産購入デーです。

まずは台北市植物園をぶらぶら。
IMG_20180630_115805_R.jpg

IMG_20180630_115851_R.jpg

IMG_20180630_115858_R.jpg

IMG_20180630_122647_R.jpg
植生としては、やはり沖縄に似ていますね。
いかにも南国らしく巨大な樹木が多くて圧倒されます。

IMG_20180630_120551_R.jpg

IMG_20180630_121743_R.jpg
台湾リスさんも見ました。
日本リスより大きくてもふっぽい黒ハート

IMG_20180630_120914_R.jpg
温室は残念ながら閉まっていました。
たまたまだったのかな?それともいつも閉まってるの?

IMG_20180630_125645_R.jpg

IMG_20180630_125809_R.jpg
蓮の池も綺麗でした。ちょうど見ごろの季節だったようです。

園内のギャラリーでは、台湾の植物研究に貢献した、日本人研究者の仕事について紹介されていました。
IMG_20180630_123342_R.jpg

IMG_20180630_123536_R.jpg
実際に使われていた採集用具から、作業着、デスク回りまで展示。
同じ会場では、今現在行われている現地調査の方法がビデオ上映されていて、興味深いものがありました。

何と、植物園内で、台湾の「国産材利用促進イベント」に遭遇たらーっ(汗)
いつも仕事で関わっている分野の、台湾版です。

IMG_20180630_131244_R.jpg
台湾でも、成熟期を迎えた人工林が手つかずのまま荒廃してしまっているケースが多く、何とかして国産材を使ってもらおう、山林に手を入れよう、と苦心しているようです。

IMG_20180630_131318_R.jpg

IMG_20180630_131343_R.jpg

IMG_20180630_131506_R.jpg

IMG_20180630_131533_R.jpg
いずこも悩みは同じ、というところでしょうか。
ちなみに、沖縄の首里城の復元には、台湾ヒノキが大量に使われています。
日本国内のヒノキだけではとても足りないこと、台湾の方が地理的に近く、輸送が容易だったこともあるでしょうね。

植物園を後にして、そろそろお昼。
地下鉄で中正紀念堂駅まで移動して、魯肉飯の人気店「金峰魯肉飯」に入りました。
いかにも街の食堂!という風情のお店の前には、ピークをずらしたにも関わらず、20人ほどの行列が。
ようやく入って、がたつく丸椅子やテーブルで地元のお客さんたちと相席で頂いたのがこちら。
IMG_20180630_135019_R.jpg
魯肉飯と、幅広麺入りのスープ。

IMG_20180630_135122_R.jpg
確かに美味しい。行列をしてでも食べたくなる味だと思います。
お店がそんなに綺麗でなくてもイイヨーという方なら、ぜひ。
ちなみに、私たちの席は半屋外で、雨除けのひさしの下だったのですが、ここでスコールに遭いまして……30分ほど雨の飛沫を背中に受けながらスコールが収まるのを待つ羽目になりましたw
屋内席ならそういう心配もなくて良いと思いますけど、案内された席に座るしかないので、あとは運ですねわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

ご飯を食べたらやっぱりデザートが欲しくなる。
また地下鉄に乗って、若者の街、西門町へ移動しました。

IMG_20180630_153236_R.jpg

前回来た時は、紅楼の周辺を歩いて、「台湾の原宿、秋葉原」といった印象を受けましたが、今回歩いた辺りは、上野ABAB付近の雰囲気。アメ横のように細い路地にテントを出したお店が密集していて、食べ物屋さんもスイーツ類が多く、修学旅行らしき10代の子たちもちょこちょこ見かけました。

私たちのお目当ては、マンゴーかき氷のお店、「マンゴーチャチャ」。
日本でも情報番組で紹介されたみたいですね。

IMG_20180630_145259_R.jpg
マンゴーシェイクに、生マンゴーに、マンゴーかき氷。
かき氷は氷に牛乳を使っているので、溶けても薄まらず、濃厚です。

IMG_20180630_145649_R.jpg

IMG_20180630_145615_R.jpg
お好みで、と塩が添えられています。
スイカに塩を振って食べるのと同じ感覚かな?
確かに甘味が増して美味しい黒ハート
ご馳走様でしたexclamation

午後は、うちのママンからのミッション「からすみを購入せよ!」を遂行。
以前は迪化街の「永久號」が定番でしたが、今回はネットで評判が良かった西門町の「伍宗行」で購入しました。

IMG_20180630_153854.jpg
こちらは食品会社が出している店舗で、からすみだけでなく、きくらげや海苔、ナッツなどの乾物類、パイナップルケーキ等お菓子まで扱っています。
からすみは肉厚で良質。まだ食べていないので味は判りませんが、ネットの評判は間違いなかったみたいです。
無事、ミッションクリアしましたぴかぴか(新しい)

ホテルに戻ってひと休みしてから、台湾最後の晩餐に出かけました。
目当てのお店が混み過ぎていて入れず、どうしようかなあと調べていたら、セシルが良さげなお店を見つけました。
四川料理の「樺慶四川菜餐庁」。
実は私、一番好きな中華料理のジャンルは?と訊かれたら、迷わず「四川」と答える四川料理好きです。

IMG_20180630_195548_R.jpg
こちらのお店は、ゲストの半分は日本人、という日本人御用達の四川料理店だそうで、私たちが入った時も、半分どころか3分の2は日本人でした(笑)

IMG_20180630_200500_R.jpg
夫婦そろって大好きなメニュー「いんげんの炒め」。
このお店のも味わいがあって美味しかった黒ハート

IMG_20180630_200725_R.jpg
チャーハンは四川料理というよりあっさりして食べやすく、日本人好みの味。

IMG_20180630_200828_R.jpg
定番の麻婆豆腐はしっかり山椒が効いていました。
ビリビリ痺れて舌がマヒしたり、苦味を感じるほどではなく、ちゃんと味が判る適度な山椒。
台湾ビールも頂いて、ほろ酔いでホテルに帰りました。

IMG_20180630_214038_R.jpg
帰りに地下鉄の中で見つけたマナーポスター。
このキャラ……しま●らくん……?

posted by 三井寿里 at 23:11| Comment(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: