2018年02月11日

バンコク旅行2018(5日目)

昨日の今日で体がまだ辛さを拒んでいるので、朝は出来るだけ辛くないものを頂きました。

IMG_20180211_082829_364_R.jpg

お昼くらいまでは安静にしますw

さて、今日は午後から世界遺産アユタヤ日帰りツアーに参加します。
3度目のタイで初めてのアユタヤですよexclamation×2
1度目はプーケットのおまけ、2度目はクアラルンプールのおまけだったので、遠くを周る余裕がなかったのです。

最初は、直行バスか電車で往復するつもりでしたが、あれこれ調べていたら、結構不便だということが判りまして、素直に旅行会社のツアーを使うことにした次第。
ツアーは午後からなので、お昼までは近場をぶらぶら歩くことにしました。

で、向かったのはBTSアソークのお隣、プロンポーン駅。
日本人が多く暮らしていて、エムクォーティエがある駅ですね。
ここのソイ33/1に、駐タイ日本人御用達「フジスーパー」1号館があるというので行ってみました。

IMG_20180211_110545_R.jpg
ソイ33/1。
日本語の看板が多くて、ここだけ見ると、日本のどこかの路地のようです。

IMG_20180211_110213_R.jpg
で、ありましたexclamationフジスーパーexclamation
入り口から既に、観光客ではなくタイ在住と思しき日本人のママさんたちがいっぱい。
タイ人は屋台やフードコートのお陰であまり家で料理をしないと聞きますが、日本人は毎日家で食事を作って食べている人が多いようです。
味噌醤油をはじめ、日本のスーパーとほぼ変わらない品ぞろえ。それにタイ他東南アジアの輸入食材が加わった感じ。
店内放送も日本語だし、客層は圧倒的に日本人が多かったですね。

IMG_20180211_110003_R.jpg

井村屋のあずきバー他、日本製アイスも充実。

IMG_20180211_110038_R.jpg

そういえば、街中に時々ある「マックスバリュー」という24時間営業のスーパーはイオン系列で、トップバリュー製品が並んでいました。

フジスーパーでは、アソークの他のスーパーでは扱っていなかったお土産用のお菓子もたくさんあって一安心。
今日は目星だけ付けて、明日改めて買い物に来ることにしました。

IMG_20180211_111029_R.jpg

駅前のエムクォーティエのフードコートでランチ。

IMG_20180211_113211_R.jpg

辛い物は食べないと言いつつ、付けダレが辛かったあせあせ(飛び散る汗)
でも野菜が食べたかったので、美味しく頂きましたぴかぴか(新しい)

IMG_20180211_121814_R.jpg

中国の春節が間もなく始まるので、それに合わせたのでしょうか。
ドラゴンのオブジェが迫力です。

アソークに戻って、午後2時。
タイムズスクエアのHISカウンターに集合、そこから2台のバスに分乗して出かけました。
1台に30人前後ずつ乗っていたので、ざっと60人くらいの日本人が参加していたことになります。
やはりアユタヤ人気なんですねー。

IMG_20180211_150302_736_R.jpg

高速も使って、アユタヤまでは1時間半の道のり。
途中トイレ休憩はありません。まっすぐ目的地へ向かいます。

到着したのは、14世紀を代表する仏教寺院の遺跡「ワット・プラ・マハタート」。
木に抱かれた仏像の頭と、首のない仏像が並ぶ光景で知られています。

IMG_20180211_153119_R.jpg

攻め込んで来たビルマ軍は、次々に仏像を壊し、首を切り落としました。
その時、飛ばされた首の一つが、こちら。菩提樹に抱かれて穏やかに微笑んでいます。
記念撮影の時は、カメラマンは立ったままで構いませんが、被写体側の人は、この仏像の頭より自分の頭が高い位置にならないよう、しゃがまなければなりません。
皆ルールを守って撮影していました。

IMG_20180211_153845_R.jpg

それにしても徹底的に壊したものです。

IMG_20180211_154539_R.jpg

IMG_20180211_154120_R.jpg

首を落とされた仏像は、今もこうして並んでいます。
同じ仏教徒でありながら、宗派が違えばこれほど憎み合ってしまうものなのかと恐ろしく、また悲しくなります。

IMG_20180211_153618_R.jpg
そこらじゅうに野良犬が寝ています。
咆えかかって来ることはなく、皆のんびりしていますが、狂犬病の危険はあるので、むやみに近付かない方が良いかと。

IMG_20180211_153637_R.jpg
ところで、入り口近くにこんな看板がありました。
「首のない仏像の上に頭を乗せて写真を撮らないよう」注意されています。
日本語でも書いてあると言うことは、かつてそういう写真を撮った罰当たりな日本人がいたのでしょう。
絶対にやめましょうね。

次に向かったのは、3人の王様が眠る、アユタヤ最大の寺院遺跡、「ワット・プラ・シー・サンペット」。

IMG_20180211_161705_R.jpg

ここも最盛期は大小34基の仏塔があったそうですが、ビルマ軍に侵攻され、今はこれらの塔と、頭のない仏像、瓦礫と化した建物跡が残っているだけです。

見学後、希望者は象に乗って10分ほどお散歩するエレファントライドに向かいました。
私たちは以前プーケットで乗ったので、それはパス。

IMG_20180211_163833_R.jpg
象さんと一緒に写真が撮れるスペースもありました。
象さんは本当におりこうさんです。

IMG_20180211_164454_R.jpg
バスに戻ろうとしたら、たまたま親子の象に遭遇しました。
仔象可愛いね黒ハート

夕暮れ時、最後の目的地「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」に到着。

こちらは他2つと違って、現在も僧侶の方々が生活している、現役の寺院です。
ちなみに、「ワット」はお寺、「ヤイ」は大、「チャイモンコン」は勝利だそうで、「大勝利寺院」となります。
受験や就職、勝負事など、難関突破して勝利を掴みたいタイ人が多く参拝に来ているそう。

IMG_20180211_171341_R.jpg
大きな涅槃像。かつては金箔が貼られていたそうです。

IMG_20180211_172902_R.jpg
こちらが黄金のご本尊。
熱心にお祈りしている人たちがいました。

IMG_20180211_171830_R.jpg
夕暮れにそびえる仏塔。

静かな心持ちでアユタヤにお別れして、またバスで1時間半かけてバンコクに戻って来ました。

二人とも疲れ気味だったので、夕食はホテル近くのメキシコ料理店「Slanted Taco」で頂きました。

IMG_20180211_204255_R.jpg

タイの辛い物からメキシコの辛い物になっただけという感じですが(笑)でも美味しかったexclamation×2

IMG_20180211_204234_R.jpg

IMG_20180211_204834_R.jpg

IMG_20180211_205212_R.jpg

このお店、東京に出店されないかなあ……美味しいだけじゃなくスタッフの方々も皆さん感じが良くて、間違いなく、次もまた来たいレストランの一つですexclamation

さて、明日は三度目の正直、ついに修復の終わったワットアルンを訪ねます。
posted by 三井寿里 at 23:43| Comment(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: