2019年03月15日

小原古邨展

繁忙期突入で、ずいぶん放置してしまいましたが生きてます。

すさんだ心を癒しに、太田記念美術館で開催中の小原古邨展に行って参りました。
IMG_20190315_103212_R.jpg

海外では花鳥画の画家として人気だった小原古邨。
作品の殆どが輸出向けだったこともあってか、日本ではあまり紹介されることがなく、最近までは知る人ぞ知る存在だったそうです。

IMG_20190315_111719_R.jpg
柔らかい色彩で丁寧に描かれる動植物は、どれも可愛らしくユーモラス。
鋭いはずの猛禽類の目すらも、どこか愛くるしかったりとぼけていたり。ついつい見入ってしまいます。

IMG_20190315_143325_R.jpg
もっと見入っていたくて、図録を買いました。
クリアファイルや一筆箋は既に完売で、追加販売もなしということでした。残念バッド(下向き矢印)

そういえば、テレビででも紹介されたのでしょうか、開館5分前に到着したら、既に長蛇の列。
ゆっくり見られるような状態じゃなかったので、当日再入館スタンプを押してもらって一度出て、お昼を食べてからまた戻って、じっくり鑑賞しました。
午後も結構混んでましたが、それでも開館直後よりは緩和されていたので、もし混雑に当たってしまった時は、再入館もお勧めです。
外へ出る前に、必ず受付でスタンプをもらってくださいね。

小原古邨展
http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/exhibition/ohara-koson
posted by 三井寿里 at 23:50| Comment(0) | レポート

2019年03月01日

「THE STEAM PUNK‐螺子巻奇譚‐」展

郵政博物館で開催中の企画展「THE STEAM PUNK‐螺子巻奇譚‐」を観て来ました。

IMG_20190301_114250_R.jpg

「スチームパンク」はSFのジャンルの一つ。
その名の通り、作品の世界観を形成しているのは蒸気機関です。
SF、ファンタジーなので時代設定は様々ですが、日本なら明治〜大正、イギリスならヴィクトリア朝あたりの雰囲気でしょうか。TDLのアトラクション「海底二万マイル」を思い出して頂ければ、何となくお判りになるかと思います。

IMG_20190301_124019_R.jpg

世界の空を旅する飛行船テレグラフ号に乗り込んで、発明家たちから電信の歴史を教えてもらいつつ、飛行船に潜む謎を解く──というのが、今回の企画。

IMG_20190301_124145_R.jpg

乗組員がやたらと豪華。

IMG_20190301_125057_R.jpg

貴重な電信機、電話機の他、電信技術黎明期の日本を描いた作品等々、飛行船テレグラフ号の船内は見ごたえのある展示でいっぱいです。

IMG_20190301_125429_R.jpg
コスプレで撮影出来るコーナーも。
スチームパンク的帽子がメチャクチャ可愛くて、普段自撮りをしない私も思わず自撮ってしまいましたw

館内では、今回の企画展のメインビジュアルを担当したNaffyさんの個展も開催中。
IMG_20190301_115811_R.jpg

この不思議な生き物、ムーがとっても可愛いのです。

IMG_20190301_115936_R.jpg

企画展は4月7日まで。
スカイツリーに行ったら、こちらも立ち寄ってみてください。
郵政博物館は、スカイツリータウン9Fです。

「THE STEAM PUNK‐螺子巻奇譚‐」展
https://www.postalmuseum.jp/event/2018/11/the-steampunk.html
posted by 三井寿里 at 23:58| Comment(0) | レポート