2018年02月26日

「乙嫁語り」10巻

発売日に買ってから、何度も読み返しています。

IMG_20180215_182838.jpg

「乙嫁語り」10巻。
カルルクとアミル夫妻編の前半も、スミス編の後半も、どちらも胸にしみる良い話。
やっぱり森先生の作品は皆幸せになれるから良いですねえ黒ハート

そして。アゼル兄さんが独身と判って、何だかそれも嬉しかったのでした黒ハート
独身のままの理由には、笑えないものがありますけどね……厳しい世界だったんだなあ。

あと3回くらいは読み直します。
何度読んでもいい黒ハート黒ハート黒ハート
posted by 三井寿里 at 21:28| Comment(0) |