2018年02月23日

気付けば10日過ぎていた

バンコクから帰って、気が付けば10日が過ぎていました。
繁忙期ですから、毎日へとへとです。

その間、オリンピックでは日本選手団が活躍し、次々に新たなドラマが生まれていました。

_20180223_183057_R.jpg

池袋東武の2階で開催中のオリンピック写真展。

IMG_20180223_182957_R.jpg

やっぱりこの写真がすごく好き。
これから競技に出場する選手の皆さんも頑張ってexclamation×2

そして私は今夜も地道にゴルフスクール。

IMG_20180223_212540_R.jpg

寒かったけど……何かを掴んだ気がする。

posted by 三井寿里 at 23:00| Comment(0) | 日々徒然

2018年02月13日

バンコク旅行2018(7日目)

とうとう帰国日がやって来てしまいました。

IMG_20180213_055512_R.jpg

夜明け前、糸のような三日月を見ながら起き出して、チェックアウト。
まだシェフも来ていないラウンジで、女性スタッフにオムレツを焼いてもらって朝ご飯を頂きました。
IMG_20180213_063948_R.jpg
正直、朝食会場だったレストランのオムレツ台のシェフより上手w
滞在中、この女性はいつ休んでいるんだろう?と心配になるほど、朝から夜遅くまでいつもクラブラウンジでてきぱき仕事していました。
「有能な人は何でも出来る」という見本みたいな人ですexclamation

IMG_20180213_070611_R.jpg
バンコクの夜明け。

タクシーでドンムアン空港へ向かい、出国。
飛行機は来た時と同じく、エアアジアです。

IMG_20180213_102020_R.jpg

さようならバンコク、また来る日まで〜手(パー)

IMG_20180213_111627_R.jpg

見た目はアレでも味は良い機内食わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

IMG_20180213_111750_R.jpg

食後はフルフラットシートを倒して、爆睡して帰って来ました。
機内食はスナック程度と割り切るなら、エアアジアのビジネスクラスは非常にコストパフォーマンスが良いと思います。
ただし、エンターテイメントシステムは一切ありませんので、各自フライト中の娯楽道具を忘れずに。

夕方、成田に到着。
前泊したホテルに車を取りに行って、途中食事しつつ帰宅しました。

IMG_20180213_212858_983_R.jpg
「味の民芸」で食べた肉すきうどん。
しみじみ美味しい……。
タイ料理も美味しかったけど、当分は和食を食べ続けますレストラン

さて、明日からまた仕事です手(グー)
頑張るためにおやすみなさい夜

posted by 三井寿里 at 22:33| Comment(2) | 旅行記

2018年02月12日

バンコク旅行2018(6日目)

前回、前々回と、ずっと修復中で見られなかった場所がありました。
それが、三島由紀夫の小説「暁の寺」で有名なワット・アルンです。
ついに修復が終わったということで、朝からチャオプラヤ河を船で遡り、行って参りました。

IMG_20180212_105011_R.jpg

以前は、対岸のワット・ポー側の船着き場で渡し船に乗り換えて、ワット・アルンに渡っていたようですが、修復完了時に変わったのか、ワット・アルン前に船着き場が出来ていました。
ワット・ポーの船着き場が工事中だったのかな?
何にしろ便利です。

IMG_20180212_105846_R.jpg
漸く見上げることが出来た、暁の寺、ワット・アルン。
ただただ、ひたすら美しいと思いました。
青空の下に、白い塔が映えて、見とれるほどに美しい。
ガイドブックでは、夕暮れ〜夜、対岸から見るのをお勧めしていますが、私たちは昼間、それも午前中見ることをお勧めします。
ここは、ぜひ午前中の、くすみのない太陽の光の下で見て欲しい。

IMG_20180212_111618_R.jpg

IMG_20180212_111635_R.jpg

IMG_20180212_111941_R.jpg

修復が終わったばかりと言うこともあるかもしれませんが、眩いほど白く、綺麗でした。

IMG_20180212_112214_R.jpg

来て良かった……次に来た時も、もう一度来るでしょう。

午後はプロンポーン駅まで移動。

IMG_20180212_125223_R.jpg

エム・クォーティエでランチを頂いてから、昨日下見しておいたフジスーパーで、仕事場用のお土産を購入しました。
ちなみに我が家のお勧めは、グリコのプリッツ「トムヤムクン味」と「ラーブ味」。
それに今回は、何と海苔菓子に嵌ってしまいましたexclamation
海苔というと日本や韓国のイメージがありますが、タイも実は海苔菓子が人気で、いくつかのメーカーが出しています。
タイのコンビニではどこでも置いていますし、小さいパックからあるので、見つけたら試してみてくださいわーい(嬉しい顔)

午後、ホテルに戻って、クラブラウンジのアフタヌーンティーでひと休み。

IMG_20180212_145112_R.jpg

その後、ホテルのスパで15分間のマッサージを受けました。

IMG_20180212_152449_R.jpg

今回の宿泊にサービスで付いているマッサージでしたが、これは長いコースを予約しておけば良かったと思わせる気持ちよさ…黒ハート
次もプルマンに泊まるつもりなので、その際はスパも堪能します。

15分のマッサージの後、ホテル近くに激安マッサージ店があるというので1時間のフットマッサージを受けました。

IMG_20180212_160014_R.jpg

どれだけ安いかというと、フットマッサージ1時間300バーツが相場のところ、120バーツ(施術料100バーツ+チップ20バーツ)ですよ。
安いからと手抜きされるわけじゃありません。
気持ち良くて、後半眠ってしまいました。
ちなみに、お店は「メイマッサージ」です。
贅沢さはまったくなくて、店内は雑然としていますが、ほぼ満員で、日本人の常連さんもいました。
ショートパンツで行った方がいいですが、長いズボンを穿いている人には裾がだぼっとしたタイパンツを貸してもらえるので安心です。

マッサージで体が軽くなったところで、ホテルに戻って、バーで軽く一杯。

IMG_20180212_172203.jpg
モヒートが美味しかった黒ハート

さて、いよいよ今回のバンコク旅行最後の夜です。
ホテルから歩いて10分弱のところにあるタイ料理店「バーン・カニタ」に行って来ました。
こちらは、多分今回の旅行で一番高級なレストランかと思います。

IMG_20180212_202835_R.jpg

もちろん価格には意味があって、何度もタイ国内でアワードを取った名店。
わくわくしながら、料理を頂きました。

IMG_20180212_195825_R.jpg
こちらは各テーブルに運ばれていたお通し。
葉っぱの上に、具材と甘辛いたれを乗せて、くるっと巻いて頂きます。
IMG_20180212_200002_R.jpg
これは美味しいexclamation×2程よく舌と胃が刺激されて、食欲が増します。

IMG_20180212_200623_R.jpg
人気メニューの、ソムタム。青パパイヤのサラダです。
辛いexclamationでも好きexclamation

IMG_20180212_201000_R.jpg
そしてココナッツミルク入りのトムヤムクン。
ぷりっと太いエビが入っていて、食べ応え抜群です。

IMG_20180212_200950_R.jpg
イエローカレーも濃厚なお味……十二分に堪能しました。

飲んで、食べて、食べまくって、歩き回った今回のバンコク旅行。
セシルは半分以上お仕事でしたが(ごめんね)私は楽しませてもらいました。

それにしてもタイは面白いなー。
コップンカー。
また来ますね黒ハート
posted by 三井寿里 at 23:17| Comment(0) | 旅行記

2018年02月11日

バンコク旅行2018(5日目)

昨日の今日で体がまだ辛さを拒んでいるので、朝は出来るだけ辛くないものを頂きました。

IMG_20180211_082829_364_R.jpg

お昼くらいまでは安静にしますw

さて、今日は午後から世界遺産アユタヤ日帰りツアーに参加します。
3度目のタイで初めてのアユタヤですよexclamation×2
1度目はプーケットのおまけ、2度目はクアラルンプールのおまけだったので、遠くを周る余裕がなかったのです。

最初は、直行バスか電車で往復するつもりでしたが、あれこれ調べていたら、結構不便だということが判りまして、素直に旅行会社のツアーを使うことにした次第。
ツアーは午後からなので、お昼までは近場をぶらぶら歩くことにしました。

で、向かったのはBTSアソークのお隣、プロンポーン駅。
日本人が多く暮らしていて、エムクォーティエがある駅ですね。
ここのソイ33/1に、駐タイ日本人御用達「フジスーパー」1号館があるというので行ってみました。

IMG_20180211_110545_R.jpg
ソイ33/1。
日本語の看板が多くて、ここだけ見ると、日本のどこかの路地のようです。

IMG_20180211_110213_R.jpg
で、ありましたexclamationフジスーパーexclamation
入り口から既に、観光客ではなくタイ在住と思しき日本人のママさんたちがいっぱい。
タイ人は屋台やフードコートのお陰であまり家で料理をしないと聞きますが、日本人は毎日家で食事を作って食べている人が多いようです。
味噌醤油をはじめ、日本のスーパーとほぼ変わらない品ぞろえ。それにタイ他東南アジアの輸入食材が加わった感じ。
店内放送も日本語だし、客層は圧倒的に日本人が多かったですね。

IMG_20180211_110003_R.jpg

井村屋のあずきバー他、日本製アイスも充実。

IMG_20180211_110038_R.jpg

そういえば、街中に時々ある「マックスバリュー」という24時間営業のスーパーはイオン系列で、トップバリュー製品が並んでいました。

フジスーパーでは、アソークの他のスーパーでは扱っていなかったお土産用のお菓子もたくさんあって一安心。
今日は目星だけ付けて、明日改めて買い物に来ることにしました。

IMG_20180211_111029_R.jpg

駅前のエムクォーティエのフードコートでランチ。

IMG_20180211_113211_R.jpg

辛い物は食べないと言いつつ、付けダレが辛かったあせあせ(飛び散る汗)
でも野菜が食べたかったので、美味しく頂きましたぴかぴか(新しい)

IMG_20180211_121814_R.jpg

中国の春節が間もなく始まるので、それに合わせたのでしょうか。
ドラゴンのオブジェが迫力です。

アソークに戻って、午後2時。
タイムズスクエアのHISカウンターに集合、そこから2台のバスに分乗して出かけました。
1台に30人前後ずつ乗っていたので、ざっと60人くらいの日本人が参加していたことになります。
やはりアユタヤ人気なんですねー。

IMG_20180211_150302_736_R.jpg

高速も使って、アユタヤまでは1時間半の道のり。
途中トイレ休憩はありません。まっすぐ目的地へ向かいます。

到着したのは、14世紀を代表する仏教寺院の遺跡「ワット・プラ・マハタート」。
木に抱かれた仏像の頭と、首のない仏像が並ぶ光景で知られています。

IMG_20180211_153119_R.jpg

攻め込んで来たビルマ軍は、次々に仏像を壊し、首を切り落としました。
その時、飛ばされた首の一つが、こちら。菩提樹に抱かれて穏やかに微笑んでいます。
記念撮影の時は、カメラマンは立ったままで構いませんが、被写体側の人は、この仏像の頭より自分の頭が高い位置にならないよう、しゃがまなければなりません。
皆ルールを守って撮影していました。

IMG_20180211_153845_R.jpg

それにしても徹底的に壊したものです。

IMG_20180211_154539_R.jpg

IMG_20180211_154120_R.jpg

首を落とされた仏像は、今もこうして並んでいます。
同じ仏教徒でありながら、宗派が違えばこれほど憎み合ってしまうものなのかと恐ろしく、また悲しくなります。

IMG_20180211_153618_R.jpg
そこらじゅうに野良犬が寝ています。
咆えかかって来ることはなく、皆のんびりしていますが、狂犬病の危険はあるので、むやみに近付かない方が良いかと。

IMG_20180211_153637_R.jpg
ところで、入り口近くにこんな看板がありました。
「首のない仏像の上に頭を乗せて写真を撮らないよう」注意されています。
日本語でも書いてあると言うことは、かつてそういう写真を撮った罰当たりな日本人がいたのでしょう。
絶対にやめましょうね。

次に向かったのは、3人の王様が眠る、アユタヤ最大の寺院遺跡、「ワット・プラ・シー・サンペット」。

IMG_20180211_161705_R.jpg

ここも最盛期は大小34基の仏塔があったそうですが、ビルマ軍に侵攻され、今はこれらの塔と、頭のない仏像、瓦礫と化した建物跡が残っているだけです。

見学後、希望者は象に乗って10分ほどお散歩するエレファントライドに向かいました。
私たちは以前プーケットで乗ったので、それはパス。

IMG_20180211_163833_R.jpg
象さんと一緒に写真が撮れるスペースもありました。
象さんは本当におりこうさんです。

IMG_20180211_164454_R.jpg
バスに戻ろうとしたら、たまたま親子の象に遭遇しました。
仔象可愛いね黒ハート

夕暮れ時、最後の目的地「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」に到着。

こちらは他2つと違って、現在も僧侶の方々が生活している、現役の寺院です。
ちなみに、「ワット」はお寺、「ヤイ」は大、「チャイモンコン」は勝利だそうで、「大勝利寺院」となります。
受験や就職、勝負事など、難関突破して勝利を掴みたいタイ人が多く参拝に来ているそう。

IMG_20180211_171341_R.jpg
大きな涅槃像。かつては金箔が貼られていたそうです。

IMG_20180211_172902_R.jpg
こちらが黄金のご本尊。
熱心にお祈りしている人たちがいました。

IMG_20180211_171830_R.jpg
夕暮れにそびえる仏塔。

静かな心持ちでアユタヤにお別れして、またバスで1時間半かけてバンコクに戻って来ました。

二人とも疲れ気味だったので、夕食はホテル近くのメキシコ料理店「Slanted Taco」で頂きました。

IMG_20180211_204255_R.jpg

タイの辛い物からメキシコの辛い物になっただけという感じですが(笑)でも美味しかったexclamation×2

IMG_20180211_204234_R.jpg

IMG_20180211_204834_R.jpg

IMG_20180211_205212_R.jpg

このお店、東京に出店されないかなあ……美味しいだけじゃなくスタッフの方々も皆さん感じが良くて、間違いなく、次もまた来たいレストランの一つですexclamation

さて、明日は三度目の正直、ついに修復の終わったワットアルンを訪ねます。
posted by 三井寿里 at 23:43| Comment(0) | 旅行記

2018年02月10日

バンコク旅行2018(4日目)

今日も仕事に行くセシルを見送って、私は一人でお出かけ。

IMG_20180210_100153_R.jpg

明日アユタヤに行くことになったので、ツアーの申し込みに行って来ました。
HISバンコク店です。
泊っているホテルから徒歩5分ほど、MRT(地下鉄)スクンビット駅直結のビル内にあって、便利。

IMG_20180210_092908_R.jpg
何故か愛知県岡崎市の観光パンフレットがありました。

無事にツアーが予約出来たので、地下鉄で出かけます。

IMG_20180210_100804_R.jpg

バンコクの地下鉄は、台湾と同じく切符がコイン型です。
BTSはSuicaやPasmoのようなICカード「ラビットカード」を15回分の乗車券入りで購入しましたが、地下鉄はほとんど使わない予定なので、都度切符を購入することにしました。

IMG_20180210_100926_R.jpg

向かった先は、スクンビット駅から2駅、ラーマ九世駅直結の「セントラル・プラザ グランド ラーマ9」。

IMG_20180210_103501_R.jpg

一角にロビンソンデパートも入る、超巨大モールです。

IMG_20180210_103634_R.jpg

IMG_20180210_115930_R.jpg

ガイドブックでは紹介されていないけど、ユニクロやマツキヨ、ダイソー、無印良品等日本のテナントも入っていますし、女性に人気のリボンバッグ「ナラヤ」や「キャスキッドソン」、その他人気店やスーパーマーケットまでぞろりと入っていて、日常のちょっとしたものからお土産まで、ショッピングには絶好のスポットです。
しかもサイアムのモールより空いているので、ゆっくり見られるのも嬉しい。

IMG_20180210_115358_R.jpg
タイに来たら必ず寄る、タイの可愛いコスメブランド「ビューティーコテージ」も入っていました。
店舗によっては、つんけんとしたスタッフさんもいて残念なのですが、ここラーマ9店はとっても感じの良いスタッフさんで、安心してお買い物出来ました黒ハート
「会員カードを作れば、今日から割引になりますよ」と言われて、思わずカード作ってしまったわーい(嬉しい顔)
有効期限5年とか言われた記憶がありますので、次の旅行にも持って来ます。多分5年以内にはまた来るでしょう。
クレジット機能などはないただの会員証ですが、DM用にメールアドレスだけ登録するので、それは普段同様ちょっと慎重にサブアドレスを使いました。

セシルが半ドン(死語)でお昼に帰って来たので、ランチがてら昨日行ったマーブンクロンセンターへ二人でお出かけ。
マーブンクロンには二つフードコートがありまして、6Fが庶民派、5Fが高級派です。
値段が3倍くらい違うので、ちょっとびっくり。

IMG_20180210_141627_R.jpg

今回は庶民派フードコートでタイカレーとお惣菜の盛り合わせを頂きました。
美味しかったですよー黒ハート

ちなみに、ここはマーブンクロン専用のICカードもありますが、BTSで使用するラビットカードでも支払えます。SuicaやPasmoで支払いするのと同じ感覚ですね。
何と、ラビットカードのチャージもフードコートのカウンターで出来るので、100バーツチャージしてもらいました。

食後、セシルの会社の女性スタッフへお土産のタイパンツを購入。似たようなものをあちこちで売っているのですが、見事に価格が違うし、とんでもない金額を言ってから「●●バーツでいいですよ」と値引き後の価格(絶対こっちが本当の価格)を言って来たりするので、時間があるなら、ざっと一回りしてから決めるのが良いかと。
ちなみに私が昨日タイパンツを買ったお店に行ったら、昨日とは違う店員さんがいて、私が買ったのより50バーツも安い金額を提示されました。おおおおお……もうやだ〜(悲しい顔)

マーブンクロンにもビックカメラがexclamation&questionと思ったら、「ビッグ」カメラだった。
IMG_20180210_143604_R.jpg

マーブンクロンを出て、セシルママへのお土産を買いに「ジム・トンプソンの家」へ移動。
一人であちこち見て回ったお陰で、「あれが買いたい、これが欲しい」と言われた時、すぐに案内出来るようになりました手(チョキ)私えらいぴかぴか(新しい)
併設のショップでお買い物をして、ホテルへ帰りました。

IMG_20180210_182913_R.jpg
セシルの仕事が今日で一段落したので、夕方、クラブラウンジで軽く打ち上げ。
お疲れ様でしたexclamation
お酒が美味しいねぴかぴか(新しい)

IMG_20180210_185737_R.jpg
私はケーキが(も)美味しい黒ハート特にチョコレートが黒ハート黒ハート黒ハート

夜は、ホテルから歩いて行けるタイ料理の人気店「バラニー」に行ってみました。

IMG_20180210_195730_R.jpg

セシルはシンハービール、私は生ココナッツウォーターで、もう一度乾杯バーバー
お疲れexclamationお疲れexclamation

料理は伝統的なメニューの他、創作料理も得意ということだったので、両方注文しました。

IMG_20180210_200926_R.jpg
パッタイ(奥)とトムヤムクン(手前)。
パッタイは奇をてらっていない、定番の美味しさ。
トムヤムクンは、ココナッツミルクが入っていて、まろやかです。美味しいぴかぴか(新しい)

で、これが私たちをぶちのめした驚愕のメニュー。
自家製スモークハムのサラダです。

IMG_20180210_201718_R.jpg

ハムの上に乗っている緑色。青唐辛子です。
何も考えずに、一山ぱくり。
美味しいねexclamation 
→ ん? 
→ かっらーーーーーーーーーーーーーexclamation×2exclamation×2 
→ あっつーーーーーーーーーーーーexclamation×2 
→ 痛ーーーーーーーーーっexclamation×2

と、大変な事態になりました。
マジで魂が抜けていく感覚を味わいましたよ…食事で変な汗が出て体が冷えたのは初めてです。

とはいえ、美味しいお店だったので、また行くと思います。
今度は青唐辛子を取り除いて食べましょうね…。

posted by 三井寿里 at 23:56| Comment(0) | 旅行記

2018年02月09日

バンコク旅行2018(3日目)

スパイスで少々疲れ気味の胃に朝粥が嬉しい…。

IMG_20180209_072932_233_R.jpg

タイも朝食によくお粥が食べられていまして、一般的なお米で炊いた物がカオトム、屑米で炊いたのがジョグ、と区別されているようです。
残念ながら、プルマンの朝食のお粥は中華粥で、ジョグにもカオトムにもお目にかかれなかったのですがバッド(下向き矢印)

今朝も早くからセシルは出勤。
私は一人でタイ語教室に行って来ましたexclamation×2

IMG_20180209_093832_R.jpg

教室が入っているのは、アソーク駅直結のビル「タイムズスクエア」。

IMG_20180209_160202_R.jpg

予約した時間に行くと、手作りのテキストとペンとメモ用紙が渡されました。
このテキストに沿って、50分間の授業は進みます。
内容は、読み書きではなく旅行者に嬉しい日常会話が中心。
基本となる声調と、挨拶やよく使う動詞、数字の数え方などを習いました。
難しい……けど、楽しいexclamation

こちらの教室、予約窓口はHISですし、授業は日本語で行われるので、私のようなタイ語初心者でも安心です。
何と受講者は私一人で、贅沢にもマンツーマンでレッスンを受けることが出来ましたexclamation
ちなみに先生は、若いタイ人女性の先生で、とっても気さく。
もし時間に余裕のある方は、一度受けてみると楽しいと思いますよーわーい(嬉しい顔)

授業が終わって11時。
BTSに乗って、ずっと行ってみたかったショッピングセンター「MBK(マーブンクロン)センター」へ向かいました。

IMG_20180209_135529_R.jpg
BTSシーロム線のナショナルスタジアム駅に直結しています。
巨大なわんこがお出迎え。

IMG_20180209_112941_R.jpg
マーブンクロンは上野のアメ横と中野ブロードウェイがミックスしたような雰囲気。つまり色々雑多で、そしてとにかく巨大です。

こちらには私がどうしても行ってみたかった場所があります。

IMG_20180209_113140_R.jpg

フロアの奥に煌々と光り輝くエリアが……。

IMG_20180209_113217_R.jpg

ああっexclamation×2

IMG_20180209_120643.jpg
アニメ店長ではありませんかexclamation×2
ワーイ(両手を合わせるポーズ)してて、めっちゃ可愛い黒ハート

ここに来たのは、店長は店長でも、アニメイトバンコク店のリアル店長にお会いするためです。
まんまとお目通りかなって、興奮と緊張につい挙動不審になってしまった私たらーっ(汗)
ツイッターのイメージ通り、とっても楽しくて優しい店長さんでしたexclamation×2
一緒に写真を撮って頂いたのですが、流石にアップするのは申し訳ないので私だけの宝物にしますかわいいかわいいかわいい
(でも友達にはきっと見せびらかす)
店長さん、ありがとうございましたexclamation×2

IMG_20180209_144325_R.jpg

アニメイトで買ったのは、こちらのクリアファイル。
裏返すと、「一拳超人」……つまり、「ワンパンマン」ですexclamation×2

IMG_20180209_144415_R.jpg

店舗と向かい合わせに、アニメイトカフェもありますよー。
IMG_20180209_121506_R.jpg

ランチは、マーブンクロンの中のケンタッキーで。
日本にはない「ポップチキン」のコンボを注文しました。

IMG_20180209_123448_R.jpg

もう一つ、日本にはないものがここにあります。
右下のオレンジ色のもの、スイートチリソースですexclamation×2
ポップチキン美味しかったですよー。

午後は早めにホテルに戻って、クラブラウンジでアフタヌーンティーを頂きました。
IMG_20180209_145741_R.jpg

ケーキやサンドイッチはどこのホテルでも出るけど、チョコレートファウンテンはめったになさそう…。
ケーキを食べつつ、今日、タイ語教室で習ったことを復習しました。

夕方、セシルが帰って来てひと休み。
二人とも疲れ気味なので今日は遠出せず、近場で夕ご飯にしました。

IMG_20180209_201822_R.jpg

ファッションビル「ターミナル21」のフードコートで、あっさりと麺。

お仕事は明日までだから、頑張れセシル!
posted by 三井寿里 at 23:01| Comment(0) | 旅行記

2018年02月08日

バンコク旅行2018(2日目)

IMG_20180208_072335_003_R.jpg
朝靄のバンコクに昇る赤い太陽。

昨日、ラウンジの軽食が美味しかったので予想はしていましたが、大当たりexclamation
プルマンの朝食は非常に美味しゅうございましたexclamation

IMG_20180208_090734_335_R.jpg
朝食ビュッフェでパニーニやキッシュが並ぶのは、ちょっと珍しい。
野菜のパニーニが美味しかったかわいい

今日から三日間、セシルはお仕事。
夜はお仕事関係の方と夕食をご一緒することになっているので、それまで私は自由時間です。

IMG_20180208_113453_R.jpg

通勤ラッシュが終わるのを待って、BTSでお出かけしました。
途中、サイアムでスクンビット線からシーロム線に乗り換え、向かった先はこちら。

IMG_20180208_113945_R.jpg

「ジム・トンプソンの家」です。

IMG_20180208_114402_R.jpg
ジム・トンプソンは、タイシルクを一大産業に押し上げた、軍出身のアメリカ人実業家。
そして、タイをはじめとする東南アジアの古美術品コレクター。
1967年、マレーシアの避暑地キャメロン・ハイランドで謎の失踪を遂げたことでも知られています。

「ジム・トンプソンの家」は彼がかつて住んでいた家で、今は彼のコレクションを展示するミュージアムとして開放されています。

IMG_20180208_120543_R.jpg

家そのものもタイの伝統建築で、元は他の場所に建っていたものを水路で運んで来たのだそう。
しかも元の家を残しつつ、外壁が美しいからとリビングの内壁に使ったり、窓枠を飾り棚にしたりと、ジム・トンプソンのアイディアが随所にちりばめられています。

IMG_20180208_120524_R.jpg

150バーツでチケットを買えば敷地内には入れますが、家の中を見るには、更に見学ツアー(無料)に参加しなければいけません。
こちらのカウンターで申し込んで、日本語のツアーに参加しました。

残念ながら家の中は撮影禁止。
なので、家の周りと一階部分(高床式なので一階部分は外の扱い)の写真しかありません。

IMG_20180208_121249_R.jpg
一階に展示されている、コレクションでも最も古い物の一つという石像。
首がなくなっていても、滑らかな線が美しい…。

IMG_20180208_121602_R.jpg
こちらは染色用の版木。
捨てられかけていたものを、トンプソンが気に入って買い取ったそうです。
「細かいところを見てください」とガイドさん。
IMG_20180208_121547_R.jpg
胸びれや背びれの色が他と少し違います。
色を変えるために、ここは取り外しが出来るようになってるんですね。
今は使っていないそうですが、この柄のスカーフが欲しいな…。

家の中にも素晴らしい美術品がたくさんありました。
お見せ出来ないのが残念です…。
ぜひバンコクに行かれるなら、ジム・トンプソンの家にも立ち寄ってみてください。

IMG_20180208_114638_R.jpg

外では絹糸紡ぎの実演も。

IMG_20180208_125447_R.jpg

併設のショップとレストランはチケットなしでも入れます。
レストランも素敵な雰囲気で入りたかったけど、今日は我慢、我慢あせあせ(飛び散る汗)

またBTSで移動して、今度は在タイ日本人が多く住む、プロンポーンへ。

IMG_20180208_140742_R.jpg
こちらはショッピングモール、エム・クォーティエ。
随所に水が回されていてとっても落ち着くので、大好きな場所です黒ハート

IMG_20180208_141215_R.jpg
ここの地下には、巨大なフードコート「フードホール」があります。
タイは屋台文化の影響なのか、フードコートが人気。いたるところにフードコートがあります。
で、会計は大抵そこの専用ICカード。
まずはインフォメーションのようなカウンターで好きな金額をチャージしたカードを受け取り、それを使って各ブースで注文、支払いをする──というシステム。
最初は「どうしてわざわざカード?」と不思議だったけど、一度カードを作ったら、現地の人はまたそこに来るだろうし、囲い込みの一種なのかも。
もちろん、使わなかった分は、またカウンターにカードを返せば返金してもらえます。だから旅行者も安心。

IMG_20180208_142426_R.jpg
おかずとご飯のセット。これで70バーツなので、250円くらい?
場所代もあって他の所より若干高いけど、美味しかったし満足でするんるん

2018-02-08-17-22-11-117_R.jpg
午後は、プロンポーンの激安ネイルサロン「ゲーカイ」へ。
両手に単色塗り+2本ずつネイルアートを入れて、足指も単色塗りしてもらって、2000円弱でした。
さすが人気のお店で、20席ほどの店内はほぼ満席exclamation8割が日本人客でした。
お店の看板も「ゲーカイ」って日本語だったしね(笑)

手指が綺麗になったところで、ホテルに戻りました。
夕方、セシルの帰りを待って身支度を整えて、夕食会の会場へ。

IMG_20180208_191712_R.jpg

このために来たようなものなので、無事にお役目を果たせてホッ…。
私自身の仕事に関わるお話も聞けたし、良い勉強になりました。

posted by 三井寿里 at 23:52| Comment(0) | 旅行記

2018年02月07日

バンコク旅行2018(1日目)

まだ暗いうちに起き出して、ホテルで朝食を頂いてから空港へ。

IMG_20180207_071908_R.jpg
成田空港の出国ゲートはまだ開いていませんでした。
朝一番のフライトの方々は出国を待つ行列に気が気ではない様子…。

こういう不便さが、羽田空港にお客を取られてしまった原因ではないかな。
都心から遠いならせめて24時間稼働して欲しいし、それが無理でももっと余裕を持ってゲートを開けてもよさそうなもの。
成田空港が国際空港として今一つなのは、手かせ足かせを掛けまくった結果としか思えないのですよ。
今からでも遅くないから、「国際空港」らしく改善して欲しいな。

IMG_20180207_081040_R.jpg

さて、今日の飛行機は、マレーシアのLCC、エアアジア。
そのビジネスクラスを予約しました。

IMG_20180207_083741_R.jpg

こちらが、ビジネスクラスのシート、プレミアムフラットです。
180度に倒れるので、長時間のフライトでも楽ちん。
ただし、機内エンターテインメントシステムは一切ございません。
本を読むくらいしかすることがない…ので、私は分厚い小説を一冊持ち込みました。

IMG_20180207_094943_R.jpg
ドリンクも機内食ももちろん有料ですが、今回は機内食とドリンク一本が付いて来るプランで予約しました。
機内食はいくつかあるメニューの中から選んでWEB予約しておけます。

IMG_20180207_101542_R.jpg
機内食は、正直、日本の航空会社のエコノミークラスより下ですが…バッド(下向き矢印)

IMG_20180207_101630_R.jpg
でもエアアジアの名誉のために申し上げますが、味は良かったですよ。

ご飯を食べて、本を読んで、シートを180度に倒して、ぐっすり眠ったら、あっという間に7時間が過ぎて、バンコク到着〜exclamation
IMG_20180207_150719_R.jpg

LCCはドンムアン空港を利用します。
入国審査で30分くらいかかりましたたらーっ(汗)
ドンムアンを利用する際は、時間に余裕を持って行動した方が良さそうです。

空港からタクシーでホテルへ向かいました。
IMG_20180207_155722_R.jpg
喪が明けて、だいぶ新国王の御姿も見るようになったけど、相変わらず前国王であるプミポン国王の人気は絶大のようです。

ホテルはスクンビット駅とアソーク駅の両方が使える、プルマンを選びました。

IMG_20180207_162802_R.jpg

クラブラウンジでチェックイン。
落ち着いて良い雰囲気です。

IMG_20180207_163736_R.jpg
お部屋も、さほど広くはありませんが、快適快適るんるん

IMG_20180207_163802_R.jpg

バスタブとシャワールームが別になっているのも嬉しい。

IMG_20180207_164914_R.jpg
ウェルカムフルーツには、タイの伝統菓子も添えられていました。

IMG_20180207_180907_808_R.jpg

6時からはカクテルタイムバーバー
クラブラウンジでタダ酒を頂きました手(チョキ)
プルマンは料理が美味しくて嬉しいぴかぴか(新しい)

ほろ酔いになったところで、夕涼みの散歩がてら、食事に出かけました。

IMG_20180207_200057_R.jpg
スクンビットの交差点。相変わらずバイクの多いことexclamation×2

今夜は旅の疲れもあるので、ホテルの近くで食事を摂りました。
在タイ日本人に人気のタイ料理レストラン「プワンゲーオ」のプーパッポンカリー
IMG_20180207_211301_R.jpg

と、

IMG_20180207_211308.jpg
同じく牛ステーキ。
「プワンゲーオ」はとにかく美味しいのでお勧めです。
バンコクに行ったらぜひ一度お試しあれ。

明日はセシルは朝から仕事です。
posted by 三井寿里 at 23:00| Comment(0) | 旅行記

2018年02月06日

タイ前夜

明日から、セシルの仕事に付いて、バンコクへ行って来ます。
フライト時間が早いので、今夜は成田で前泊。

IMG_20180206_194216_844_R.jpg

セシルと秋葉原で待ち合わせて夕ご飯。
久しぶりに秋葉原に来たけど、電気街よりすっかりオタクの街だね。
外国人観光客も、電化製品よりむしろアニメやゲーム目当てで来ている様子だし、「街は生き物」だとつくづく感じます。
人が楽しく足を運んでくれるなら、どんな風に変わっても良いと思うのですよわーい(嬉しい顔)

IMG_20180206_200403_R.jpg

夕食は、「勝牛」の牛カツレストラン

IMG_20180206_194315_R.jpg

だし醤油の他、塩やカレーだれもあって、楽しい。
一番美味しかったのは、だし醤油+ワサビでした黒ハート

IMG_20180206_205557_R.jpg

秋葉原から、車で一路成田へ。
私たちの定宿は、成田ビューホテルです。
理由は、「温泉があるから」。
あまり知られていないみたいですが、成田ビューホテルは、成田空港近辺のホテルで唯一温泉を持っていて、日帰り入浴にも対応しているのですよexclamation

温泉で温まったし、ゆっくり休んで明日に備えます。

posted by 三井寿里 at 23:00| Comment(0) | 旅行記

2018年02月03日

けものフレンズぱびりおん

時々SNSで他の人がやっているのを見て気になっていた、ゲームアプリ「けものフレンズぱびりおん」。
私も始めました黒ハート

Screenshot_20180203-084246.jpg

プレイヤーは「パビリオン」の中で、おもちゃやごはん(ジャパリまん)を使ってフレンズを呼び込み観察する──というのが基本。
フレンズたちから時々もらえる材料を使って、おもちゃを作ったりもします。
来てくれるフレンズは、時間帯やおもちゃによって変わり、来てくれると、「アーカイブ」が開いて、図鑑のようにフレンズたちのプロフィールが読めるようになります。たーのしーいるんるん

Screenshot_20180203-171904.png

ちなみに、夜は夜行性の動物が集まるんですよー。
今から明日の朝が楽しみexclamation


posted by 三井寿里 at 23:12| Comment(0) | 日々徒然