2018年01月09日

フランス・ギャル

昨夜遅く、フランス・ギャルさんの訃報を知りました。
一時期、フレンチポップスやシャンソンにどっぷり嵌っていた時期があって、彼女の曲もお友達から紹介されて聴きまくりました。



彼女を一躍スターにした、セルジュ・ゲンスブール作詞作曲「夢見るシャンソン人形」。
今もCMなどで使われていますが、考えてみれば、50年も前の曲なんですよね。
歌詞を読むとかなり辛辣な内容で、フランス・ギャルさんも大人になってからその意味に気付いて、後年は歌わなかった、とか。

それでもまた彼女の曲を聞き直そうと思った時、まっさきに浮かんだのはこれでした。

どうぞ安らかに、そしていつまでも初々しく可愛い「フランス・ギャル」でいてください。
posted by 三井寿里 at 23:00| Comment(0) | 音楽