2021年11月20日

ゴルフクラブ

中古でゴルフクラブを譲ってもらいました。
ブリヂストンのツアーステージ。
いいクラブですが10年ほど前のモデルなので、ドライバー3千円、アイアンとフェアウェイウッド(サンドとピッチング込み)で5千円、締めて8千円のフルセットです。

さすがにグリップ部分はだいぶ傷んでいるので全部ゴルフショップで交換してもらうことに。
一本当たりパーツ代1500円+工賃150円+消費税…ということで、本体よりグリップ交換の方が高くなりましたw

でも今まで使ってたのと全然違う…軽く振っても10ヤードくらい距離伸びてる。

いいクラブで、そろそろまたコースに出ます!
posted by 三井寿里 at 22:48| Comment(0) | 日々徒然

2021年11月19日

月食

一日中会社にこもって仕事。
定時で上がるつもりが気づいたら7時過ぎでした。
おかげでほぼ皆既に近いと聞いていた月食も見られず。

DSC_1246.jpg
仕事場を出て空を見上げたら天体ショーは終盤。
ボヤンとちょっと太ましいいつもの月が上がっていました。
残念。
posted by 三井寿里 at 23:02| Comment(0) | 日々徒然

2021年11月18日

ものの言い方を学べ

参加した打ち合わせがパワハラ丸出しで、非常に不愉快な思いをしました。
パワハラを受けたのは私ではないけど、標的にされた人を援護したらこっちにまで弾が飛んできて、思わず「はあ?」と言いかけました。
パワハラやってる自覚がないんでしょうかね、あれは。
だとしても、ものの言い方は訓練でいかようにも変えられるものです。
謙虚に学ばんかい。
posted by 三井寿里 at 22:26| Comment(0) | 日々徒然

2021年11月17日

胃が良くないので

当分お酒や刺激物は控えることにしました。
ご飯を美味しくいただくためにも、早く良くなりたい。
posted by 三井寿里 at 23:53| Comment(0) | 日々徒然

2021年11月16日

余韻に浸るまもなく

いきなりフルスロットルで仕事しました。
夕方には流石に疲れが出て、気力で乗り切った感じ。
今夜は早く寝ます。
posted by 三井寿里 at 21:34| Comment(0) | 日々徒然

2021年11月15日

ちばらき旅行(2日目)

朝早く、波の音で目が覚めました。
思えば夜通し波の音を聴いていました。
夢の中まで聞こえていたかも。

DSC_1144.jpg
朝の海。
こんな風景、久しぶりに見ました。まだ夢の中にいるような気分です。

もう一眠りしてから、大浴場で朝風呂。
部屋のお風呂は温泉ではないので、昨夜も寝る前には大浴場を利用しました。

朝食は夕食と同じ食事処で。
DSC_1153.jpg
海が綺麗で気分上々です。

DSC_1152.jpg
朝食は地元食材をふんだんに使った和食中心のメニューでした。
このホテルは料理と風景と泉質が良いですね。

食後、昨夜のテラスに出て海の風景をパチパチ。
DSC_1163.jpg

DSC_1158.jpg
カセットレーベルみたいな写真が撮れました。

お部屋に戻って、部屋風呂でチェックアウトまでまったりしました。
DSC_1166.jpg
ああ…もう一泊したかったな。

さて、今日は犬吠埼と銚子を廻りますよ。
まずは犬吠埼灯台へれっつらごー。

DSC_1175(1).jpg
登録有形文化財の犬吠埼灯台です。
初点灯は1874年というから今年で147歳!
内部には99段の階段があり、上まで登ることができます。
入場料を払い、登ってみることにしました。
挫けそうになりながら登った先にあったのは、
DSC_1180.jpg
こんな光景。
DSC_1183.jpg
登って良かった。

併設の資料館では沖ノ島灯台で使われていた国産第一号の一等フレネルレンズが展示されています。
DSC_1188.jpg


隣にはかまぼこ型の歴史的建造物、旧霧笛舎があり、ここもまた登録有形文化財です。
DSC_1198.jpg


霧笛舎の内部。
DSC_1199.jpg
霧笛は、霧が深くて光が見えない時、船が頼りにする音の信号です。
反響などで聞き分けが難しいため今はあまり使われなくなったようで、この建物も取り壊される予定だったのを、貴重な文化遺産として残してほしいという声が上がり、ついには登録有形文化財に指定されたそう。
おかげでこうして今も見ることができるわけです。
声を上げてくださった方々に感謝です。

99段の階段で少々疲れたので、隣接犬吠テラステラスでひと休みしました。
DSC_1204.jpg
バタフライピーのお茶は目にも涼しげで、夏に来られなかったのが悔やまれます。

DSC_1215.jpg
2階には千葉の物産を扱うショップが入っていました。
無料休憩スペースもあり、一階のパン屋さんで買ったパンなどもそこで食べられます。
地元のマダムたちでしょうか、優雅に談笑なさっていました。

一日でもここにいたかったのですが、他にも行きたい場所があるので泣く泣く移動。
DSC_1219.jpg
銚子ポートタワーに登りました。
こちらはちゃんとエレベーターがあって膝が笑わずに済みましたw

DSC_1222.jpg
銚子は大きな漁港で、卸売市場が三つもあるんですね。
魚の種類によってどの市場か決まっているらしく、うち二つは一般公開もしているそうです。
水揚げの時間帯がまとめられたスケジュール表がタワーの壁に貼られていました。
時間が合わず残念!

ポートタワー隣接の施設「ウオッセ21」には連絡通路で行くつもりでしたが、工事で通路は閉鎖されているそうで、車を出してウオッセの駐車場へ移動。
ウオッセ二階のシーフードレストランうおっせでランチにしました。
DSC_1224.jpg
豪華な海鮮丼。
美味しいお刺身の下には柔らかな煮穴子まで入っています。
美味しかった!ご馳走様でした!

さて、銚子は街全体がジオパークで、ジオスポットが点在しています。
その一つ、犬岩に行ってみました。
DSC_1226(1).jpg
おお、犬だ!
二つの耳をピンと立てて、海の方を見つめています。
ここは源義経にまつわる場所。
義経の愛犬犬若丸が奥州に逃れる途中この地で置き去りにされ、七日七晩鳴き続けて、ついに岩になってしまった…という伝説が残っているのです。
悲しすぎる…犬若可哀想。
義経のばかやろー!犬を飼うなら最後まで責任持って飼えー!!

太陽がすっかり西に傾いた頃、最後の目的地、屏風ヶ浦に到着しました。
「東洋のドーバー」と言われるこのスポットは、約10キロに渡り断崖が続きます。
DSC_1235.jpg
あちこち風化で崩れている箇所もあり、二度と同じ景色は見られない…というのも魅力。
もちろん危険なところもありますので、見学の際はルールを守り、遊歩道など定められた場所から見ましょうね。

DSC_1242.jpg
海に夕陽が沈み切る前に、家路につきました。

久しぶりの旅行、目一杯楽しみました!
次はどこに行こうかな?


posted by 三井寿里 at 22:50| Comment(0) | 旅行記

2021年11月14日

ちばらき旅行(1日目)

やっと、やっと、やっと!
久しぶりの旅行です!

と言っても、まだ東京ナンバーに眉を顰める方もいらっしゃると聞きますので、あまり遠出はせず近場で、行ったことのない場所に行ってみようということになりました。

行き先は、銚子。
そして、更に足を伸ばして鹿島神宮。
我が家のちばらき旅行、始まり始まり!

DSC_1048(1).jpg
初日は朝9時過ぎに車で出発。
まず向かったのは鹿島神宮です。
七五三の家族連れを中心に、周辺はなかなかの賑わい。
DSC_1052.jpg
境内では菊の品評会で入賞した作品が展示されていました。

DSC_1057.jpg
立派な山門を潜ってお参り。
何となく寺社仏閣は山門を潜ったら正面に拝殿があるイメージですが、鹿島神宮は右にありました。ちょっと不思議。

DSC_1068.jpg
神のお使い、鹿さん。
餌やり体験用の餌(ニンジン)は一山100円。
もちろん買って、二人で餌をあげました。
可愛かったなー。

DSC_1071.jpg
境内のそこここに塚原卜伝の看板が。
鹿嶋はゆかりの地ということで、BS時代劇「塚原卜伝」のロケ地だったそう。
番組を見ていないし、塚原卜伝は名前くらいしか知らなかったのですが、俄然興味が湧きました。

気持ちのいい森林の中を歩いて、奥の院と御手洗池へ。
DSC_1087.jpg
御手洗池の茶屋でお団子をいただきました。
どちらも甘すぎず、食べるうちに食欲が湧いてくる美味しさでした。

鹿みくじの可愛さに負けてつい購入。
DSC_1095.jpg
負けたぜ、鹿どもめ(ゆるキャン△ しまリン風)
ちなみに夫は大吉、わたしは中吉でした。

お昼は参道で人気のお蕎麦屋さん「竹やぶ蕎麦」で天ぷら付き特上そばを。
DSC_1101.jpg
海老天がちょっと衣が厚くて残念でしたが、野菜天とお蕎麦は美味しいお店でした。
ご馳走様でした。

鹿島神宮参道の鳥居は二の鳥居で、一の鳥居は少し離れた東西それぞれにあります。
西の一之鳥居は北浦にあり、神宮から車で5分ほどです。
DSC_1108.jpg
水の上に鳥居が立つ不思議な風景をじっくり眺めました。

そろそろ陽が傾いて来ました。
今夜のお宿、犬吠埼観光ホテルへ向かいます。

途中、海沿いの道に面白いスポットを発見。
DSC_1114.jpg
茨城県指定の天然記念物、うちわサボテン群生地ですサボテン
小山のようにうちわサボテンが生えていて、ナンジャコリャ状態でした。

陽が落ちる頃、宿に到着。
お部屋は4階で、3階から階段を登っていかなければいけないのですが、海が見える露天風呂が付いているのが気に入って予約したのです。
DSC_1117.jpg
生憎の曇り空で夕焼けは見られませんでしたが、波の音を聴きながらのお風呂は至福の時でした。
ああ、海に来たんだなあ。

浴衣に着替えて夕ご飯。
DSC_1118(1).jpg
コロナ対策で夫との距離がやけに遠かったのですが、お料理はどれも美味しくて満足、満足。
DSC_1125.jpg
お酒は日本酒。
せっかくなので犬吠埼の地酒を頂きました。

DSC_1133.jpg
ホテルの一階のテラスに出ると、犬吠埼灯台がよく見えました。
思わずルパン三世のラヴ・スコールごっこ。

明日は銚子を巡ります。
posted by 三井寿里 at 22:15| Comment(0) | 旅行記

2021年11月13日

お墓参り

夫と二人で父のお墓参りに行って来ました。
と、言っても場所は池袋の駅前ですし、納骨堂ではお香もお花も備え付けなので特別な用意もいりません。
行きたい時にひょいと立ち寄れる気軽さが嬉しい。

ここにして良かったねえと二人で言い合って帰ってきました。
お墓で迷われてる方、納骨堂いいですよ。
posted by 三井寿里 at 22:39| Comment(0) | 日々徒然

2021年11月12日

杉浦非水 時代をひらくデザイン展

青空の下、たばこと塩の博物館へ行ってきました。

DSC_1031.jpg

DSC_1038.jpg

お目当ては、大好きな図案家、杉浦非水の展覧会。
DSC_1043.jpg
杉浦非水は明治から昭和初期にかけて活躍した、日本のモダンデザインのパイオニアとして知られる図案家です。
名前を知らなくても、絵を見れば、ああこの人!とわかる人は多いかも。

本展は少年時代の手本を真似た日本画から三越の嘱託社員としてパッケージやポスターを手掛けていた頃の作品、三越を退社した後、晩年の作品まで網羅した、非水ファン垂涎の展覧会です。

DSC_1042.jpg
上野浅草間に開通した地下鉄のポスターがフォトスポットになっていました。
1人だったから撮れなかったけど!

DSC_1041.jpg
パネルの足元にひょこっとにゃんこが。

DSC_1045.jpg
興奮して、鑑賞後はミュージアムショップで散財しちゃいました。
でも後悔はない!
ちなみにペリカン柄はスカーフのようにバッグの持ち手に巻けるエコバッグです。
この色使いといいデザインといい、今見てもほんとシックでオシャレ。

これから図録を眺めてにやけます。
うふふ…。
posted by 三井寿里 at 22:40| Comment(0) | レポート

2021年11月11日

多摩産材フェア

「多摩産材利用促進フェア」を見学に、新宿NSビルへ。
この前のIFFTもでしたが、懐かしい方々に会えました。
製品より、最近どうしていたかの方が気になって色々お話ししてしまいました。

日常が徐々に戻ってきますね。
気を緩めずに、取り戻して行きましょう。
posted by 三井寿里 at 21:44| Comment(0) | 日々徒然